2018 年 2 月 6 日

テトラパックと連携し一歩先を行く Kaslink​ 社

Kaslink 社はフィンランドの新興食品会社であり、リスクを恐れない企業です。 競争で一歩先んじるために大きなリスクを負うこともいとわない Kaslink 社は、テトラパックを含め、同社にとって有益なパートナーと協力関係を結んでいます。

他の数多くの起業家精神に満ちあふれた企業と同じく、Kaslink 社はガレージから始まりました。 2001 年、Raino Kukkonen は、ヨーロッパ中の料理人の厨房に製品を販売していた顧客のために、高品質なソースのベースを受託生産し始めました。 その 16 年後、同社は 6000 万ユーロを売り上げ、170 人の社員を抱えるまでになりました。そして、同社の製品は 15 を超えるヨーロッパの国々で販売されています。

Kukkonen の息子である Tuomas、Juha-Petteri、Matti の 3 人が同社の業務を引き継ぎ、ソース生産企業から乳製品企業へと徐々に移り変わりました。 2011 年から 2016 年の間、同社の収益は 1 年ごとに 50% 増加しました。

3 人の兄弟は、常に他の誰よりも一歩先を行くように努めることで、市場での差異を生み出しています。 その熱意は、消費者が見たこともないようなまったく新しい製品を開発する挑戦に向けられています。 そうする中で、彼らは同社の高い成長率を維持するため、消費者の最新のトレンドをキャッチすることに尽力しています。 そのトレンドの 1 つに、オーツ麦由来の飲料や発酵麦製品などの非乳製品への動きがあります。

CEO の Tuomas Kukkonen は次のように述べています。「現在、当社の生産の大半を占めているのは乳製品ですが、それは非乳製品に取って代わられると予測しています。 世界的に、乳製品や肉から非乳製品やベジタリアン向け製品に切り替えるという大きな変化が起こっています。それは特に、ミレニアル世代の若者の間で顕著です。 この変化はこれからも続くでしょう」 

この流行が勢いを増す中で、Kaslink 社は可能な限り迅速に市場に新製品を投入することを望んでいます。

登録して、記事全文をダウンロードして読む

事例記事

登録してダウンロードする

フォームに記入してフィンランドの Kaslink 社の記事全文をご覧ください。
写真左: テトラ・ブリック® アセプティック紙容器エッジに充填されたブルーベリー入りのオーツ麦由来飲料
テトラ・ブリックアセプティック紙容器に充填された Kaslink 社の飲料