概要と結論

 

01 | 環境と健康は今日の消費者の 2 大関心事であり、関心の高さもこの順序に沿っています。 弊社のグローバルな消費者リサーチ研究では、3 分の 2 の回答者が我々は環境災害に向かっていくだろうと考えています。 それと同じ割合の回答者が、心身の健康が社会の大きな関心事であると信じています。

02 | 健康と環境保護は従来別々の分野として扱われてきました。 しかし、現在では、オーバーラップする部分が増加しつつあります。 ほぼ 5 人のうちの 3 人の消費者は、自分の健康と幸福が環境問題の影響を強く受けていると考えるようになっています。 消費者の環境への関心が高まるにつれて、消費者の健康意識も高まっています。 消費者が環境問題を自分自身や家族に影響を及ぼすという認識を強めるにしたがって、遠く離れた抽象的な関心事から、より具体的かつ緊急で極めて重要な個人的関心になってきました。

03 | 若者は前向きな変化の強力な原動力。 若者たちは両親よりも健康で長生きすることを望み、期待しており、それに応じたライフスタイルを選択しています。 ソーシャルメディアの使用や気候変動の影響に関する個人的な経験も、若者が、環境に対しより責任を持って行動する原動力となっています。​

走っている人、モダンなライフスタイル

​04 | 消費者は、自分自身と地球双方の健康について最大限責任を負うべきであると考えています。 現代のライフスタイル、特に何を食べて何を飲むかは、どちらにもマイナスの影響を与えるという循環をもたらすという信念が高まっています (上記参照)。 多くの人たちはしかるべく消費行動を変えたいと考えていますが、コスト、知識がないこと、入手できないこと、選択肢の信頼性などがすべて大きな障壁になっています。 ブランドには、消費者がこれらの障壁を克服して健康的でより環境優位性の高い生活を送るニーズの高まりに応えられる魅力的なチャンスがあります。

05 | 食べ物や飲み物は、健康と環境保護の収斂を促す重要な触媒です。 健康上の理由と環境上の理由の両方でもっとも重要な変化目標は、より環境優位性の高い食品製品と飲料製品の消費が増えることです。 特に、スイートスポットは、天然製品/有機製品です。 カテゴリーの点では、100%フルーツ飲料、牛乳、充填されたされた水、ココナツウォーター、植物由来の飲料にもっとも魅力があります。  

06 | パッケージングとリサイクル性が特に重要です。 現在、リサイクルは、環境に配慮する人の 1 番の特徴と考えられています。 リサイクル性は環境優位性の高い製品ともっとも関連性の高い言葉で、食料製品と飲料製品全体で3番目に訴求力のある言葉です。 現在、世界の消費者のほぼ5人のうちの4人が食品や飲料の環境優位性の高いパックにもっとお金を払っても構わないと考えるようになっています。 

現代のライフスタイル サイクル

07 | 反プラスチック感情が高まっています。 3 人に 2 人近くの消費者は、環境に配慮する人はプラスチックを避けていると考えており、3 人に 1 人は今後 12 か月以内にプラスチックの購入と使用を減らすつもりであると答えています。 ​

08 | 弊社の調査分析では、健康と環境保護に対する意識または懸念に関連してはっきりとした特徴のある 6 つのグローバル消費者セグメントが明らかになっています。 各グループには、独自の信念と価値観、変化の牽引役と目標、信頼できる情報源があります。 これにより、対象製品とメッセージの両方に明確な機会を生み出されています。

09 | 今後もっとも成功するブランドは、目的を示し、優れたサービスと製品を提供するだけではなく社会に積極的に貢献していることを示すことができるブランドです。 しかし、弊社の定量的および定性的グローバルリサーチでは、健康と環境保護に関する信頼性のギャップが明らかになっています。 さらに、現在、各ブランドはこの分野におけるインフルエンサーのリストのはるかに下方に位置しています。 これらの話題のいずれかについて、ブランドからアドバイスやインスピレーションを受けている消費者は 10 人に 1 人だけです。

10 | 食品業界や飲料業界は、おそらく、健康と環境保護の収斂を軸とする新たな動向に向き合っていくこととなる最初の業界となるでしょう。 健康と環境保護の双方に同時に対応し、双方について同時に伝達していくことで、ブランドが消費者と強力かつ意義のある個人的なつながりを築く新しいチャンスが生まれます。​