食品。 人々。 地球。

持続可能性に向けたテトラパックのアプローチは、テトラパックブランドの約束である、 大切なものを包んでいます によって形成されています。 テトラパックは食品を守り、人々を守り、地球を守ることに力を尽くすことで、この約束を実現しています。

優れたガバナンス

テトラパックにとって、優れたガバナンスと優れたビジネスは同等です。 良い行いは成功の秘訣です。 テトラパックは、市場で成功する持続可能なビジネスの根底にあるのは、優れたコーポレートガバナンスであると考えています。テトラパックブランドの約束、 PROTECTS WHAT'S GOOD (大切なものを包んでいます) はまさしくガバナンスであり、すべての関係者の方々との関係の中核です。

国連の持続可能な開発目標

テトラパックは、国連の持続可能な開発目標(SDGS)を達成するために支援し取り組むことを表明しています。 テトラパックでは、自社の事業ともっとも関連性のある目標を選び、取り組みを進めています。それは、事業との関連が密接であればあるほど、テトラパックがそれらの開発目標に大きく貢献できるからです。 テトラパックが掲げる食品、人々、地球という 3 つの柱にわたって、テトラパックは、貧困を撲滅し、教育と健康状態を改善し、より良い仕事を創出し、重要な環境上の課題を克服するために支援する努力をしています。

テトラパックの持続可能性アプローチの展開

関係者の方々が寄せる期待、重要な問題、社会および環境に関する幅広いトレンドを深く理解しているテトラパックは、もっとも重要で影響力が大きな課題に直面した時に最善の対応がすぐにできるように、持続可能性アプローチの展開を怠りません。

関係者との連携

テトラパックの関係者の方々とは、テトラパックの事業によって影響を受ける、またはテトラパックの事業に影響を与える人々のことを指します。 テトラパックではこうした人々と積極的にかかわり合うことで、テトラパックの影響を軽減し、ビジネスの競争性や持続可能性を高めるためのより良い方法を探っていきます。 レポート、またはテトラパックのポッドキャストからのさまざまな意見をお聞きください。