今年と毎年の目標に向けた行動

責任ある業界のリーダーシップとビジネスへの持続可能なアプローチは、テトラパックの事業の中心です。テトラパックは食品の安全性を支え、世界のどこにあっても人々が安心して食品を入手できるよう取り組みます。そして、テトラパックは「大切なものを包んでいます」をモットーに食品、人々、地球を守ることを約束します。

今年のレポートは、テトラパックの持続可能性への統合されたアプローチと、持続可能性への変革をリードする熱い思いを実現するためにテトラパックがどのように前進してきたかについて概説しています。

安全で持続可能な食品システムへの貢献

テトラパックの目標は、安全で手ごろな値段の栄養価の高い食品の供給、バリューチェーン全体で最小限の食品ロスと食品廃棄を実現する安全で回復力があり持続可能な食品システムに貢献することです。テトラパックは、この目標に参加するようリサイクルバリューチェーン全体の関係者に呼び掛けています。

自然に貢献する活動

テトラパックは、責任ある調達や戦略的パートナーシップを通じて自然のために行動し、生物多様性の保護と回復、気候変動の緩和と対応、世界の水の復元に貢献します。包装容器の板紙すべてが、FSC™ - Forest Stewardship Council™(森林管理協議会)認定の森林やその他の管理された供給源から調達されていることを保証するだけでなく、テトラパックではいくつかの影響力のあるイニシアチブが進行中です。

気候変動への対応

テトラパックは、事業、製品、バリューチェーンを脱酸素化1することにより、気候変動の緩和に取り組んでいます。2021 年には、テトラパックの事業のフットプリントにおける温室効果ガス排出量(スコープ 1、2、および出張)は、2019 年を基準 2 に比較すると36% 削減しました。そして、テトラパックでは一層の削減を計画しています。

循環型ソリューションの推進

テトラパックでは、リサイクル可能な液体食品用紙容器を設計し、リサイクル材および再生可能資源を使用し、埋め立て地に廃棄されることなく素材を繰り返し利用するために回収とリサイクルを拡大して、循環型ソリューションを推進しています。2021年には、回収とリサイクルのインフラに4,000万ユーロを投資しました。これにより、500億個の紙容器が回収されリサイクルされています。

人々とコミュニティに与えるプラスの影響

テトラパックは、安全で互いを尊重する職場環境を提供し、責任あるビジネス慣行を守ることにより、バリューチェーン全体で従業員と人々にプラスの社会的影響を与えることを目指しています。テトラパックは、初の全社的なメンタルウェルビーイングプログラム(健全な精神衛生プログラム)を立ち上げました。また、上級職の女性の割合が2020年には14%であったのが、2021年には18%(4%の増加)となりました。また、テトラパックが事業を展開する地域の人々の生活を改善するための支援活動も継続しています。

ここからテトラパックの成果の概要を見る

詳細を確認する

Inuit on ice

Go nature. Go carton.

テトラパックは、世界で最も持続可能な食品包装を提供するための旅の真っ最中です。

Boy with football

食品の未来に向けて

安全で持続可能な食料システムがある世界を目指して

1テトラパックの脱炭素化の取り組みは、製品や会社に関連する温室効果ガス排出の回避と軽減、および自然に根ざしたソリューションやその他のイニシアチブを通じて避けられない残留排出のバランスをとるための炭素補償に重点を置いています。

2スコープ1とスコープ2の温室効果ガス排出量の合計は、2019年の基準と比較すると27%削減されました。