オートメションと情報のソリューション

機器、ライン、操業全体を制御

オートメーションにより、機器、ライン、操業全体が制御されます。 生産においては、制御が優れているほど大きな成果が得られます。 テトラパックは、食品業界とお客様のニーズにお応えするオートメションと情報のソリューションを40年以上にわたって提供しており、その知識を装置と生産のソリューションに生かしてきました。 これによりプラント操業の総合的な制御が可能になり、以下のような利益を得られます。 強化され保証されたパフォーマンス、一貫性のある製品品質、妥協を許さない食品の安全性、環境への影響の低減。

Tetra Pak PlantMaster (Tetra Pak プラントマスター) によるオートメション・ソリューション

Tetra Pak®プラントマスター

総合的な制御で最高のパフォーマンスを発揮

常に進歩し続けるオープンでスケーラブルなオートメションと情報のソリューションであり、今日の食品製造と充填包装向けのオートメションと情報のソリューションにおいて最高峰のTetra Pak®プラントマスターの活用により、製造に最大限の価値を実現できます。 Tetra Pak® PlantMaster(Tetra Pak® プラントマスター) ソリューションをカスタマイズすることで、加工処理設備、ライン全体、または食品加工および充填包装工場全体を完全に制御し、お客様のニーズに合致するように製造を最適化することができます。

こちらでTetra Pak®プラントマスターの詳細をご覧ください。

PLMSセンター、タブレット上でのパフォーマンスモニタリング

PLMS センター

パッケージング ラインで最高のパフォーマンスを発揮

テトラパックのパッケージング ライン監視システムであるPLMSセンターを使用すると、パッケージング ラインのパフォーマンスを完全に制御できます。 充填およびパッケージング ラインでは、最高のパフォーマンスを実現するために、シフトごとに、また年ごとに、すべてのデータを詳しく管理できなければなりません。 PLMSセンターは統合された操業データを収集して表示し、インターフェースも使いやすく作られています。

lこちらでPLMSセンターの詳細をご覧ください。

ライン コントローラー ソリューション

ライン コントローラー ソリューション

パッケージングラインの管理と統合

テトラパックの包装ラインはライン全体の構成と生産中の制御を担い、コンベヤの速度、装置の開始、停止、先送りを管理します。 ライン コントローラーはまた、単一ラインからプラント オートメーション システムへの統合ポイントとして機能します。 これには、レシピのダウンロードや、プラントの製造実行システム(Manufacturing Execution System、MES)との生産データの交換が含まれます。

こちらでライン コントローラーの詳細をご覧ください。

オートメションと情報のソリューション