食品の安全性

消費者はもとより、流通業者も、小売業者も、さらには法律制定者たちも、食品が安全であることを当然期待します。 当社のお客様にとって、食品の安全性とは、原材料の調達から小売店の商品棚に至るまで、生産を完全にコントロールすることを意味します。

テトラ・リカルト容器

新しいアイデアの開拓

1961 年にテトラ・クラシック®・アセプティック紙容器を発売して以来、当社では食品を有害なバクテリアから保護する数百もの新しいパッケージング・ソリューションを開発してきました。 2001 年、テトラ・リカルト®は刻みトマト、豆、スープなど従来缶詰にされていた食品を紙容器にパックした市場初のパッケージとなりました。

テトラパックは、ジュースの殺菌超高温殺菌処理などの食品の安全性技術におけるパイオニアでもあります。 当社では継続的に、お客様が難しい市場の条件や世界中の消費者の要望に応えるのを支援するための新しい方法を追い求めています。

詳細を見る

ラボでの食品のテスト

信頼とトレーサビリティー

トレーサビリティーは製造業者や消費者に食品の安全性を示すうえでますます重要になっています。

テトラパックでは食品の安全性に関するポリシーにより、食品加工処理と充填包装のバリューチェーン全体で、最高水準の安全性を維持すると同時に、完全な製品トレーサビリティーを実現することに取り組んでいます。 テトラパックはこのコミットメントをさまざまな方法で支えています。工場全体の制御システムで、乳製品生産ラインの各ユニットから得られた情報を完全かつシームレスに統合するTetra Pak® PlantMaster (Tetra Pak プラントマスター) などの自動化ソリューションの開発もその 1 つです。

詳細を見る

食品の安全性の詳細について

​​​​​​​​​​​​​​