サークル - 循環型経済

循環型経済のサイクルの完成

環境問題は、もはや「気候」や「廃棄物」など個別の問題として取り組める段階ではありません。 広範で総合的なテーマとして、今すぐに問題を捉え直し、 循環型経済のサイクルを完成させる必要があります。リサイクルや再利用の実践はもちろん、原材料や製造工程がCO2排出量に及ぼす影響についても考慮しなくてはなりません。

*低炭素の循環型経済とは

夜明けの森

枯渇の心配がない植物由来の資源

再生可能な原材料は、低炭素の循環型経済を実現するために欠かせない要素です。 植物由来の資源(木材など)は、年月が経過するに従って供給量が自然に回復するため、その他の限りある資源への依存度を下げる有効な手段になります。 さらに、環境に配慮した方法で資源を生長・管理すると、持続可能な森林管理体制の促進や生物多様性の保護に役立ち、気候に対してプラスに働きます。

*植物由来の原材料ならではの特長について

グリーンルーフプロジェクト、使用済み飲料用カートンパックを段ボール屋根シートに改造

長期にわたって保護効果を発揮

カートンパックを再利用すると、何度もリサイクルを繰り返してCO2の排出を長期間抑制できる貴重な素材が得られます。 木質繊維の材質は厚紙や用紙になり、ポリマーとアルミニウムは建築材料になります。

*カートンパックのリサイクルの現状と将来の展望について

ソーラーパネル

答えは「ゼロ」

プラネットポジティブを実現するには、業界の企業オペレーションとバリューチェーン全体がゼロカーボンの体制に移行しなくてはなりません。 テトラパックは2016 年食品包装業界の企業として初めて、Science Based Targets(SBT)イニシアチブで承認された気候への影響の削減目標を定めました。

*気候目標の達成に向けた私たちのバリューチェーン アプローチについて

Tetra Pakオペレーターと流通ライン

廃棄の削減、より多くの食糧の提供

プラネットポジティブは、「余分なものを捨てる」という発想を捨てる考え方です。 国連食糧農業機関によると、食糧廃棄は人間による温室効果ガス排出量のうち約8%を占めると言われています。 食品・飲料産業の製造プロセスからの廃棄物を削減し、賞味期限の延長効果・腐敗防止効果が高い包装を採用することは、食糧廃棄の問題を解決するために役立ちます。

*食品・飲料のバリューチェーンから食品の廃棄をなくすには

高速道路の交通

輸送の軽量化

カートンパックは、再生可能な資源に由来する軽量な素材から作られ長方形の形状であることから、軽量で省スペースな食品・飲料包装ングを実現できる特長があります。 輸送の燃費効率を促進し、CO2排出量の抑制に貢献できる包装形態です。

*食品輸送の軽量化に役立つ包装

プラネットポジティブへの旅路

エンジニア、ソーラーパネル

持続可能性ストーリー

ずっと以前から、テトラパックの価値観や活動の中核にはいつも「持続可能性」の考え方がありました。 テトラパックは国連の「持続可能な開発目標」を枠組みとして、このテーマに沿った行動を常に強化し続けています。

詳細については、 持続可能性レポート2019年版(PDF)をご覧ください。

夕暮れにたたずむ家族

持続可能なビジネスの実現

エネルギーと廃棄物に関する専門的な評価作業から、高度なテクノロジーで実現されたエネルギー効率の高い機器やプロセスまで、環境への取り組みに役立つ総合的なソリューションを提供します。

持続可能なビジネスの実現について続きを読む

テトラパックCEO、アドルフォ・オリベ

テトラパックのプログラムの紹介

アドルフォ・オリベCEO が、プラネットポジティブを追求する取り組みの概要を説明します。

続きを読む - CEO の見解

ビジネスを持続可能に変革

企業の価値は、持続可能性への信頼度に比例します。 持続可能への高い評価の確立、業務の改善、イノベーションの開拓を通して、新たな環境課題に対処する包括的なソリューションを提供します。 お客様のビジネスを持続可能に変革する方法の詳細をご覧ください。

持続可能なサービスの詳細

ビジネスに役立つソリューションの提供

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​