テトラパックについて

毎日世界中で、幾十億リットルもの水、ミルク、ジュース、その他の液体食品が消費されています。 テトラパックでは、充填する製品の栄養価と風味を保つ、さまざまな容器を開発しています。 テトラパックの技術により、液体製品のパッケージングと消費者への流通は非常に円滑化されています。

「パッケージは、それにかかるコスト以上のメリットを社会に還元しなければならない。」

これは、テトラパックの創業者で、四面体の紙容器を開発したルーベン・ラウジング博士の言葉です。 基本的な概念としては、 ラミネートされた紙のロールから筒状の容器を作り、飲料を充填して、液体のレベルより下側でシーリングするというものです。

今日、テトラパックは液体食品のパッケージング装置を提供する以外にも、数多くの製品を提供しています。 さまざまな食品加工やパッケージングの技術が、アイスクリーム、チーズ、フルーツ、野菜、ペットフードなど、幅広い製品で使用されています。 テトラパックは、リソースを最適に使用するよう設計された、食品の加工、パッケージング、および流通に関する完全なシステムを提供しています。 テトラパックのプロセッシング システムは、製品を丁寧に取り扱うことを意識しながら設計されているだけでなく、製造プロセスと流通時の両方において、原材料およびエネルギーの消費を最小限に抑えるように開発されています。 操業による環境への影響を抑え、食品の安全を支え、また食品が無駄にならないように環境面での効率に優れた容器を開発するなど、製品やソリューションの環境パフォーマンスの向上に努めています。

テトラパックの戦略の優先事項

テトラパック戦略の優先度

テトラパックの詳細