Go Nature. Go Carton.

概要      活動      持続可能なソリューション      探求   

プラスチックの未来を再考する必要がある理由

プラスチック容器の材料の価値の 95%、金額にして年間 80 ~ 1,200 億ドル相当が失われています1。リサイクル材を使用すると、リサイクル率が向上し2、リサイクルをより経済的に実行するうえで役立ちます。また、リサイクル材を調達する際にサードパーティの認証を使用すると、材料が持続可能な方法で生産されていることを保証できます。           

再生可能な原材料の使用を増やす

2019 年に、テトラパックはエレン・マッカーサー財団の新しいプラスチック経済グローバルコミットメントに署名しました。 テトラパックの取り組みの 1 つとして、テトラパックは、2030 年までに、ヨーロッパで販売するその飲料用紙容器全体に平均 10% 以上再生プラスチックを取り入れる予定です。また、流通ソリューションでも再生プラスチックを使用することを目指しています。

これらの取り組みの一環として、2021 年の初めにはポリマーサプライヤーの 1 社である INEOS と緊密に協力して、認証済みのリサイクルポリマーを導入しました。 このプロジェクトでテトラパックは、食品・飲料用紙容器の企業で初めて Roundtable on Sustainable Biomaterials(RSB)Advanced Products 認証を獲得しました。 

この開発は、化石由来のプラスチックへの依存が低減されることを意味し、既存の資源を可能な限り長く使い続けるうえで役立ちます。 テトラパックの長期的な目標は明白です。 それは、すべての紙容器で再生可能なポリマーまたはリサイクルポリマーを使用し、化石原料の抽出を終了し、低炭素・循環型経済への移行をサポートすることです。

認証済みリサイクルポリマーについて、続きを読む

テトラパックの重点分野

see through packages on forest background

循環型経済のための循環型紙容器のデザイン

リサイクルをより経済的に実行可能にするために材料構造を簡素化するテトラパックの取り組み方法をご覧ください。

Woman pouring milk in bowl

持続可能なポイ捨てを防止する開け口

革新的な紙容器デザインにより、プラスチックごみを減らす方法をご覧ください。

Tetra Pak cartons standing with sugarcane cardboard background

植物由来の再生可能な原材料

紙素材だけで作られた紙容器に含まれる再生可能な資源のシェアを増やす、テトラパックの取り組みをご覧ください。