ループのまま !

清涼飲料の混合ラインの理想的なレイアウトが円である理由

原材料と在庫管理ユニットの数が急速に増加しているため、生産環境が変化しています。 そのため、これらすべての材料のコストの高騰を止める新しいタイプの混合ソリューションが必要です。 そのソリューションは、材料のループ拡張(ILE)と呼ばれます。

メーカーは通常、ミキサーの吸気ラインを湿った材料と乾いた材料に分けて個別に維持します。 その結果、ラインが複数発生し、多くの処理装置が必要になります。 バルク粉末材料ごとに個別のドライラインが必要になる場合があります。 問題は、CIP(定置洗浄)を使用して水と化学薬品を使う従来の方法ではドライラインを洗浄できないことです。 また、圧縮空気での洗浄は、食品の安全性を維持するのに十分ではありません。 異なる粉末間の汚染のリスクを低減するために、個別のラインが食品規制の要件になることがあります。 したがって、メーカーは、バッチに混合されるバルク粉末の数に応じて、多数の空気圧コンベヤーまたはスクリューコンベヤーへの投資が必要になる可能性があります。 そのため、粉末をバッチミキサーに排出する装置のコストが簡単に高騰します。

さらに厄介なのは、粉末は、排出のときに破裂する危険性があるため、ATEX 規制の対象となることです。

これらの液体を排出するために追加のポンプを購入する必要がある場合、液体材料のラインのコストも高くなります。 より多くのエネルギーを使用しより多くのメンテナンスを必要とするポンプが増えると、ランニングコストも増加します。

ループ内の複数の投与ポイントからの摂取

これは、清涼飲料のメーカーが直面する典型的なシナリオです。 ただし、再循環ループの革新的なコンセプトと新しいテトラパック® ミキサー RJCI 4X に基づいた独創的なソリューションがあります。 この新しいミキサーは、清涼飲料業界で粉末と液体の成分をバッチ混合するために特別に設計されています。 ILE は、この新世代のラジアルジェットミキサーのオプションです。 ループに沿ってどこにでも、ポンプよりも比較的小さく安価なインジェクターを備えた、供給ポイントを配置できます。 インジェクターは、液体と粉末の両方を油圧搬送によってバッチミキサーに取り込むために真空で動作します。 実際の混合は、テトラパックミキサー RJCI 4X の 3,000 リットルのタンクだけでなく、製品の混合が完了するまで何度でも再循環するループ全体の油圧パイプラインで実行されます。

これで、ドライラインを CIP で洗浄できます。

再循環ループの大きな利点の 1 つは、乾燥した材料を扱えることです。 そのための別のラインは必要ありません。 ウェットでもドライでも、すべての材料が再循環ループに直接供給されます。 ループ全体は、従来のCIPユニットを使用して苛性ソーダで定期的に洗浄できます。 したがって、1 つの粉末材料から別の粉末材料に相互汚染することなく、高い衛生基準を維持できます。 従来の粉末材料の搬送ラインに関連した洗浄の問題を回避できます。

従来のソリューションでは、工場の広い領域に粉末の粉塵を分散させ、より大きな防爆領域が形成されます。 これとは反対に、ILE を導入すると、レイアウトが柔軟になるため、専用の ATEX ルームを工場内に作り、粉末の排出で発生する可能性がある破裂のリスクを回避します。 この方法では、工場のすべての空き領域を ATEX 基準に適合させる必要がありません。

ループ作業の仕組み

「長年の経験に基づき、ループ内の圧力を維持するための技術を完成させました。 テトラパックでは、ほぼ完全な真空状態を実現しました」と、Business Stream Soft Drinks(旧Miteco)の拠点であるスイスの Tetra Pak Processing Equipment AG の副設計エンジニアリングマネージャー、Denis Steffen は説明します。 「インジェクターがループのどこに配置されていても、インジェクターには常に十分な吸引力があります。 各インジェクターにはオン/オフ機能があります。 使用していないときにインジェクターを無効にすることで、エネルギーを節約し、圧力を維持できます。 すべてのエネルギーを効率的な混合に使用できます。」

テトラパックには、清涼飲料の加工におけるイノベーションの長い歴史があります。特許取得済みのこのインジェクターはほんの 1 例にすぎません。 新しいテトラパックミキサー RJCI 4X にも特許取得済みの機能がたくさんあります。

このループシステムは、英国と米国の主要な清涼飲料のメーカーがすでに正常にインストールしています。 ILE として知られるこの実績のあるシステムでは、ポンプやコンベヤーなどのさまざまな追加機器を購入、設置、保守する必要がありません。 材料がインジェクターを介してループに直接供給されるため、どんな追加の装置も必要ありません。 さらに将来的には、材料の排出ニーズの変化に応じて、新しい材料の供給ポイントをループに継続して追加できます。 複数の材料を投与するという課題があるため、バッチ生産で混合する清涼飲料の最適なレイアウトは、直線的ではなく円形です。 そう、ループのままです !