食料品の eコマース用の食品容器で成功する方法

消費者は長い間、あらゆる種類の製品のオンラインショッピングのメリットに惹きつけられてきましたが、食料品は例外でした。 商品棚のある通路を歩く、棚に並べられた多様なブランドやパッケージを比較する、製品を実際に手に取って評価し選択する、これらはすべて、旧来の店頭での購入が好まれた理由です。 そして、コロナウィルス感染症の流行が起きました。

「パンデミックは、消費者や小売業者、すべての人々を eコマースに引き寄せる結果となりました」と、eコマースを専門とするテトラパックのチャネルマネージャー、Javier Moreno は述べています。 「ロックダウンで他に選択肢がなかった人々は、オンラインショッピングに目を向けました。」コロナウィルス感染症は、食料品の eコマースを加速させ、5 年間の成長をわずか数か月で達成しました。 しかし、多くの規制や制限がなくなった今も、この消費者の行動は元に戻ることはなく、一層拡大しています。この傾向はこれから先も続くと予想されています。

電話ショッピング

食料品の eコマースの人気

食料品の eコマースの人気は、数字でも明らかです。 2026 年までに、グローバルチェーンの小売売上高の 40% がデジタルによる購入と予測され、これはパンデミック前に比べ 23% の増加になります。 同様に、食料品の eコマースの 2021 年から 2026 年の CAGR 成長率(10.5%)は、実際の店頭の成長率(3.5%)をはるかに上回ると確実視されています。 では、この継続した成長の原動力は何なのでしょうか? Moreno によると、主な理由の 1 つは利便性です。

「パンデミックは人々の行動を変えましたが、今では食料品をオンラインで購入することが快適になり、それが継続されている状態です」と彼は言います。 「それは、eコマースによって自分たちの生活がより簡単でシンプルになることに気が付いたからです。」Moreno は、25 歳から 44 歳(家族を持つ多忙な若い専門職)のグループが最も頻繁にオンラインで食品を購入すること、英国の定期的な食料品のオンライン購入者の 76% が子どものいる世帯であることを挙げています。 しかし、この便利さという考え方の背後には別の何かがあり、消費者が購入しているものと実際に関わっています。

消費者とメーカーにとって理想的な食品用容器

「それは、いわゆる食料品と呼ばれる包装された製品や材料、そして、1 ダースの牛乳のように重くてかさばる製品です」と Moreno は説明します。 食品や食材用の既存の紙容器包装ソリューションの多くは、消費者にとっても生産者にとっても、eコマースの理想的なソリューションであることが判明しました。

「それらはコンパクトな設計で製品がフル充填されているため、たくさん輸送するほうが効率が良いのです」と彼は言います。 「また、それらは常温保存可能であるためコールドチェーンの流通は必要ありません。留守の間に商品が届き、食品の安全性に関する問題はまったくありません。」

食料品 eコマースの課題とソリューション

しかし、食料品の eコマースのブームと食品包装の新しい方法により、食品メーカーと小売業者には一連の新しい課題が持ち上がっています。 まず、従来のサプライチェーンの混乱があります。 「以前であれば、お客様は倉庫で製品を管理し、 次にスーパーマーケットに搬入して、棚に並べる、それで終わりでした」と Moreno は言います。 「でも今は、棚まで運ばれていないかもしれないのです。 製品は直接バックや箱に入れられ、バンに積み込まれて消費者の家に届けられます。」彼は、注文は現在、スーパーマーケットではなく倉庫から直接、またはアマゾンなどのサードパーティによって他の場所で処理されているかもしれない、と述べています。

「では、お客様にもアマゾンやアリババのような新しい配送センターが必要でしょうか? それとも、ALDI や Tesco などの従来の小売業者を踏襲し、カーブサイドピックアップ、現場の安全なロッカー、またはラストマイルの配送オプションなどを導入しますか。 お客様は容器がそれらすべてにどのように適合するか考える必要があります。」これらの企業の多くは、オムニチャネルやピュアプレイを業態として、最先端の流通センターを創設しています。

第二に、必要なすべてのテクノロジーを備えたこの新しいチェーンで利益率を維持することは簡単ではありません。 スペースと在庫の最適化は再考する必要があり、配送センター内での製品の移動方法と配送準備の方法も同様です。そこには多くの追加費用が発生します。 そのためには可能な限り軽量でスペースを取らない容器包装が必要です。この両点で、紙容器は非常に有利です。

テクノロジー、物流、二次包装とアンボクシング(開梱の義)

さらに、消費者は、即日、5 時間以内、さらには 2 時間という、これまで以上の迅速な配達を要求します。 これにより、人口密度の高い地域で全体がロボットと自動化で機能する地域密着型の「ブラックストア」が生まれました。 お客様の紙容器が、それらのサイトでも通用し使い続けられる容器であること、さらに容器が消費者の毎月の定期配送のようなわずかな量の配送に適していることは、考慮するべき重要な事項です。

再梱包と配送が簡単で安価で効率的であること以外にも考慮が必要なことがあります。商品が到着したときに最良の状態を保っていて、アンボクシング(開梱の儀)と呼ぶ体験、すなわち、Moreno が e コマースの成功にとって重要だと言っていることですが、商品を二次包装から取り出したときの体験ができることも考慮しなければなりません。

「二次包装は製品の独自性を伝えるために必要です。お客様は消費者を、お客様が提示するライフスタイルに誘導することができます。」と彼は続けます。 「ブランドは、このアンボクシングという儀式を通して消費者とコミュニケーションし、消費者に製品に対する期待とワクワク感を与えることができます。」

また、これはマルチパックのメリットにもつながり、消費者を一定量の定期配送へ加入させます。この分野は大成長分野です。 大量に出荷することで、消費者に転嫁する費用が少なくなり、さらに、ブランドは、新製品を試作したりブランドのロイヤリティを高める手段として、違うフレーバーを追加して試すこともできます。

紙容器を画面で目立つようにしましょう

食料品の eコマースの大きな問題の 1 つは、消費者が直接容器を手に取ることができないことです。消費者は画面に表示された小さな画像をスクロールして製品を見ます。 この特定のチャネルで成功するには、目に見える形で適切な情報を伝えることが不可欠です。繰り返しになりますが、紙容器には、瓶、缶、パウチに比べて特有のメリットがあります。

「形状とデザイン、すべてのパネルについて考えると、紙容器は、eコマースに最適と言えます」と Moreno は述べています。 「フロントパネルには、創造性を発揮できるスペースがたくさんありますので、オンラインの消費者に明確なメッセージを伝えることが出来ます。 テトラパックは、お客様がデザインを最適化するうえで支援できるよう一生懸命働き、ブランドと重要な情報を確実に伝え、最終的に消費者がお客様の製品をクリックするよう努力しています。」

消費者の食品トレンドと行動

消費者の食品に対する行動と家庭料理がどのように変化したかを理解することも、もう 1 つの重要な要素です。 消費者の生活における典型的な 1 日と、消費者が家庭で製品をどのように使用しているかを分析することは、e テーラーにとっても食品メーカーにとってもメリットになる可能性があります。 関連した質問をいくつか次に示します。 消費者が特定の製品を利用する理由は何でしょうか? 消費者は製品をどのように使用しているでしょうか? そして、消費者は製品を使用して何を得ようとしているのでしょうか?

「容器のサイズについては、製品が消費者のライフスタイルにどのように組み込まれているかを考える必要があります」と Moreno は言います。 家族の場合、または 4 人の場合、さらにカップルの場合、それぞれの最適な落としどころはどこでしょうか? この製品は個人が購入しますか? もしそうなら、一度開封した製品を簡単に保管できますか? 多くの消費者が持つ価値観に適合する特性について、Moreno は次のように述べています。「テトラ・リカルトのような紙容器は、モダンで便利だと認識されており、より健康的で栄養価の高い自然食品といったイメージもあります」

最終的に、テトラ・リカルトのような紙容器は、今日の e コマース環境に合わせて調整された総合的な価値提案を提供します。 「事業を運営するうえで非常に効率的でこれらの新しいショッピングチャネルに最適化されている、このタイプの容器包装にとって完璧な節目となる究極の嵐の時があります。」と Moreno は述べています。 最終的に、すべてが食品を消費する人々の最高の利便性の創出に帰結します。これらの紙容器はそれを実現します。」

棚に置かれたテトラ・リカルト紙容器

お客様の食品をスーパーマーケットの棚で差別化する科学

食品用の紙容器は、消費者にスーパーマーケットの棚から買い物かごに入れてもらうためには、目立つだけでは不十分です。 包材印刷用デザインの専門家である Jonas Eklund と一緒に、製品の差別化の秘密を探りましょう。

食品開発センターの人々

お客様の食品製造と充填包装の運用を最適化するガイド

常温保存可能な加工食品の市場が拡大するにつれて、生産を拡大したり、新商品や新しい形状の商品を発売したりすることで、チャンスをつかむことができます。 テトラパックの専門家がその方法を説明します。

テトラパック販売チームに問い合わせる

Service engineers training

製品に関するお問い合わせは、営業部門が承ります。 お問い合わせ内容を書式にご入力ください。内容に応じたサポートをご提供します。

  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

お問合せの目的

1 つのオプションを選択してください

関心のある事業分野

1つ以上の事業領域を選択する
関心のある事業分野を選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

関心のある特定分野

1 つのオプションを選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

リクエストの範囲

1 つのオプションを選択してください

食品カテゴリー

    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
1 つのオプションを選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

関心のある特定分野

関心のある事業分野を選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
関心のある特定分野
リクエストの範囲
食品カテゴリー
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

リクエストをした理由

1 つのオプションを選択してください
このフィールドに入力してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
メッセージ
関心のある特定分野
リクエストの範囲
食品カテゴリー
リクエストをした理由
あなたの職種
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

企業情報

有効な業務用メールアドレスを入力してください。
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
1 つのオプションを選択してください
このフィールドに入力してください
1 つのオプションを選択してください

この書式を送信すると、あなたはテトラパックのプライバシーポリシーの内容を読み承認したことになります。

お問い合わせいただきありがとうございます

お客様のご依頼はチームに送信されました。近日中にご連絡いたしますのでしばらくお待ちください。 別のご依頼またはお問い合わせのある方は、下のボタンをクリックしてください。