学校給食と栄養

健康的な食品の入手可能性を改善

テトラパックは、学校給食プログラムの実施と評価に関する実質的な支援を提供するとともに、食品の安全性や品質についてもアドバイスしています。 また、学校での環境教育やリサイクルのベストプラクティスも共有しています。 さらに、学校給食プログラムに導入される強化飲料や栄養飲料の開発や発売も支援しています。

学校給食プログラムは、栄養価の高い食品を摂取することで健康を促進し発育を促します。これは、国連SDG 2 Zero hunger(飢餓をゼロに)の目標で、特に、飢餓を終わらせ、安全で栄養価の高い食品を入手しやすくし、あらゆる形態の栄養失調を撲滅するために呼び掛けたターゲット 2.1 と 2.2 における重要な要素です。

テトラパックの紙容器を使用した最初のプログラムは 1962 年、メキシコの National System for Integral Family Development の協力を得て実施されました。 現在も何百万人もの子供たちを支援しています。

データによると、学校給食と栄養プログラムは子どもの身体の健康と発育に大きく貢献し、特に学校での食事が一日の最初の食事になることが多い新興国では、この傾向が顕著です。

世界中の学校の子供たちが安全な栄養を入手できるようにする

テトラパックはほぼ 60 年にわたり、お客様、政府、パートナー、NGOとともに、世界中の学校給食プログラムの開発と実施に参加してきました。

School Feeding Handbook(学校給食ハンドブック)

School Feeding Handbook(学校給食ハンドブック)は、学校給食プログラムが世界中の子供たちや地域社会に与える多くのプラスのメリットと、それらが生徒の健康と教育の改善にどのように重要な役割を果たしてきたかについて独自の見識を提供します。

学校給食の記事