Tetra Pak® A3/Flex

多様な形とサイズと開け口

  • 形やサイズが異なる大型容器のパッケージ間の切り替えも容易に
  • あらゆる種類の開け口にも容易に適応
  • 安全性の高い食品 (FDA: Food and Drug Administration (米国食品医薬品局) に申請済みの、独自のアセプティック・プロセス)

機能

自動包材サプライ

連続生産

包材やストリップ テープは自動的にスプライスされるので、スプライスのために生産を中断する必要はありません。また自動化によって、包材リール スプライス、ストリップ スプライスとも安定した再現可能な品質を確保しています。

滅菌区域

経済的に滅菌状態を実現

滅菌状態の維持に必要な滅菌エアの流れは、閉回路で自動制御されるように設計されています。滅菌区域が小さいことは、電力と過酸化水素の消費節約に役立っています。

過酸化水素バス

より安全な包材滅菌

スプレー システムとは異なり、過酸化水素バスは、包材の内外両面を滅菌します。特殊なサーマル カーペットが過酸化水素バスを最適な滅菌温度に保ちます。

サーボ駆動ジョーシステム

柔軟性を追加し、無駄を軽減

サーボモーターを使ったジョーシステムのプロファイルは、機械的にではなくソフトウェア・モデルで作られます。これにより、種類の異なるパッケージとの切り替えが容易になりました。パッケージの見た目をより良くするためにプロファイルが最適化され、印刷されたパッケージ・デザインを同期することで無駄を省いています。

オペレーターインターフェース

オペレーターが素早く効率的に作業できます

この充填機は操作が楽にできる特長を備えています。直感的に理解できるタッチスクリーンインターフェースを備えたテトラパック® オペレーターパネルと、オペレーターが生産状況を直接監視できる大きな窓があります。また、基本的な作動部品にはフロアから簡単に手が届きます。

 

PLMSセンター

生産管理と稼動分析

PLMSセンターはオートメーションプラットフォームから、生産データを自動的に収集します。オペレーターはこれに自分の観察内容を追加できます。この2つのデータに基づいて生産効率を向上させることができます。

 

iLineオートメーション プラットフォーム

より信頼性の高い生産

充填機は統合されたライン上の一部なので、他の全ての装置と通信できます。滅菌、充填、そしてシーリング工程は継続的に管理され、予定通りの生産完了が多くなります。この機能により既存の前処理装置や外包装機器の能力にあわせた能力選択が可能になります。

改良されたファイナル フォルダー

成形性の向上と高速化

容器は立ったまま機械からコンベア上に安定して排出され生産プロセスを簡素化し信頼性を高めます。サーボ モーターは最終成形工程を加速し、容器をきれいに成形し、高能力を達成します。またクイックチェンジと、容量変更機能が生産の柔軟性を高めます。

 

オプション

インジェクションによるヘッドスペース

飲用前に容器を振る必要がある製品を包装する場合は、ヘッドスペースが必要です。また、これはパッケージを開封しやすく、注ぎやすくします。

ユニットはコントロール キャビネット滅菌エア用(または不活性ガス)の加熱エレメント、および泡を発生するために製品に滅菌エア(または不活性ガス)を注入するノズルで構成されています。泡がおさまるとヘッドスペースが残されるため、内容物を振って混ぜることができます。この方法を使うことで、製品が重量で充填できるようになり、容量の選択肢が広がりました。

 

プリ ラミネート ホール(PLH)の上に直接射出成型コンセプト(DIMC)

低コスト、高機能の開け口のための直接射出成形型コンセプト

プリ ラミネート ホールのある平らな包材がDIMCに供給され、そこで直接射出成型技術を使ってスクリュー キャップ開け口のネックがプリ ラミネート ホール上に射出されます。
実際のリッドは、下流のキャッパーでネックに取り付けられます。
直接射出成型コンセプト ユニットはオペレーターが作業しやすいフロア レベルに配置されています。 

プルタブ ユニットの搭載

自動スプライス ユニットと機械本体の間に搭載されたプルタブ ユニットで、プルタブの付いた容器生産に対応します。

プルタブ ユニットで包材に穴を開け、内面にPEストリップ、外面にアルミ プルタブ (プルタブをはがすことで、容器を開封できます。) を接着します。オープニングは包材が成形、充填工程に進む前に密封シールされます。

 

クイックチェンジ(QuickChange™)

クイックチェンジ機能で、充填機の滅菌状態を維持しながら、底面が同じ形状の2種類のパッケージの生産を切り替えることが可能です。

モジュールは充填機オペレーターが交換する6つの部品で構成されています。これが終わると機械は自動的にサーボプログラムを適用し、選択された新しい容量に調整します。機械は15分以内に再生産可能になります。

DIMC クイックチェンジ

テトラ・ブリック・アセプティック1000 エッジ ライトキャップ 30からテトラ・ブリック・アセプティック 500 エッジ ライトキャップ 30に短時間で容易に変更できます。

Tetra Pak® A3/Flexで初のテトラ・ブリック・アセプティック 1000 エッジ ライトキャップ 30をテトラ・ブリック・アセプティック500エッジ ライトキャップ 30に素早く容易に変換できるDIMC クイックチェンジをご提案します。容量変更キット、クイックチェンジを使用して、同じボトムサイズの2種類の容器の変更がたった15分で可能です。

Tetra Pak A3/Flex 充填機の詳細については、テトラパックにお問い合わせください。