食品および乳製品向けのUHT(超高温殺菌)技術

低酸度の食品の滅菌に使用され、UHT処理では製品が135 °C以上に加熱されます。 すべての微生物が破壊されるため、最終製品の常温での輸送に適しています。

食品および乳製品の UHT 処理

UHT処理には、殺菌装置とアセプティック ユニット(製品のパッケージング用)が必要です。 UHT処理は、UHT牛乳、UHT色物乳飲料、UHTクリーム、豆乳、他の代替乳製品などの低酸度(pH 4.6を超える)の製品で使用されます。 同じプロセスは、スープ、ソース、デザート、トマトおよびフルーツ調理品、ベビーフードなどの加工食品の殺菌にも使用されます。

高温加熱処理と食品保存用の缶詰は、1800年代初期にフランスで始まりました。 1839年には、錫メッキされた鉄製の容器が幅広く使用されるようになっていました。 1960年代、テトラパックはこの初期の食品保存技術を踏まえて、独自の連続UHTプロセスおよび無菌充填包装システムを開発し、UHT牛乳の分野を開拓しました。

UHT処理の目標は、微生物の破壊を最大限にしながら、製品の化学変化を最小限にすることです。 これには、異なる種類の食品について最適な温度と処理時間の組み合わせを見つけることが不可欠です。

テトラパックでは、2種類のUHT処理を提供しています。 直接UHTおよび間接UHTです。 直接UHT加熱では、製品内に一時的に水蒸気が注入され、そのすぐ後にフラッシュ冷却が行われます。 この処理は短時間で終わるため、非常に高い製品の品質を達成できます。

しかし、このプロセスでは、間接UHT処理よりも比較的高いエネルギー消費量が必要となります。 間接加熱では、製品は熱源と直接的な接触はなく、熱交換器を使って加熱されます。 この方法がコスト効率に優れているのは、熱エネルギーの大半を回収できるからです。

UHT処理用装置

Tetra Pak 間接 UHT ユニット DE

Tetra Pak® 間接 UHT ユニット DE

Tetra Pak® 間接 UHT ユニットは、乳製品の超高温殺菌処理を高効率で継続して行える食品加工処理ユニットです。

Tetra Pak 間接 UHT ユニット DC

Tetra Pak® 間接 UHT ユニット DC

Tetra Pak® 間接 UHT ユニットは、乳製品の超高温殺菌処理をスマートかつ滑らかに行う食品加工処理ユニットです。

テトラ・サーム・アセプティック VTIS

Tetra Therm® Aseptic VTIS(テトラ・サーム・アセプティック VTIS)

テトラ・サーム®・アセプティック VTIS は、牛乳や粘性のあるアイスクリームなどの乳製品用の、最先端で最高品質のUHT(超高温殺菌)直接加熱ユニットを長い間代表してきました。

Tetra Pak® 間接加熱式 UHT ユニット PFF とチューブ式熱交換器

Tetra Pak® 間接加熱式 UHT ユニット PFF とチューブ式熱交換器

間接加熱式 UHT 処理用の連続アセプティック プロセシング ユニット。

Tetra Pak® 間接加熱式 UHT ユニット PFF と掻き取り式熱交換器

Tetra Pak® 間接加熱式 UHT ユニット PFF と掻き取り式熱交換器

丁寧な連続間接加熱式 UHT処理ユニットと掻き取り式熱交換器により、固形物の有無を問わず高粘度食品などの繊細な製品が常にひとところにとどまらず、動いています。

Tetra Pak® 間接加熱式 UHT ユニット PFF とコイル式熱交換器

Tetra Pak® 間接加熱式 UHT ユニット PFF とコイル式熱交換器

固形物の有無を問わず高粘性製品対象の丁寧な連続間接加熱式 UHT処理ユニットとコイル式熱交換器

食品製造をサポートいたします。 UHT処理のことなら、テトラパックにお問い合わせください。