アレルゲンと食品の安全性: リスク管理でテトラパック® がメーカーを支援する方法

食品・飲料メーカーは、ポートフォリオに新しい製品ラインを追加する場合良く考える必要がありますが、植物由来の飲料への投資を検討しているメーカーにとって、特に大きな要因が 1 つあります。 アレルゲンです。

大人の 2%、子どもの 5 ~ 8% が食物アレルギーを持っています。彼らの多くは、わずかな量でも致死に至る可能性があります。 このことは、メーカーに大豆、ナッツ、オーツ麦、その他の原材料に含まれるアレルゲンのリスクを回避するための重要な選択を促し、消費者にアレルゲンの危険を認知させます。

リスクの管理

テトラパックの植物由来のテクノロジースペシャリストである Anders Löfgren は、アレルゲンの場合、単純に考えても「リスクゼロ」になりえないことを忘れないことが重要だと述べています。 しかし、メーカーは適切な装置とベストプラクティスによって、リスクを実質的に管理することができます。

「アレルゲンによって複雑になる可能性を懸念するメーカーに伝えたいのは、お客様を支援できるテトラパックの存在です」と、Löfgren は述べています。 「テトラパックは、お客様のリスクに対する理解を助け、対処する方法を見つけるためにお客様と密接に協力します。」

植物由来の飲料への事業拡張を検討している乳業メーカーの場合、相互汚染を最小限にする最善の方法は完全に独立した加工処理ラインを追加することです。 この方法は大規模な先行投資が必要になるため、多くのメーカーが選択できない可能性があります。Löfgren はその場合の代替策として、洗浄定常処理やラベル付けの強化など他のリスク管理の方法に切り替えることを提案しています。 さらに、メーカーは危険分析重要管理点(ハサップ)計画に特例としてアレルゲンを含める必要があります。

システムの洗浄

食品を製造する施設では注意深く洗浄することが重要ですが、アレルゲン成分を取り扱う場合は衛生がさらに重要になります。 小さな粒子がポンプやバルブの隅など、洗浄の難しい部分に残留する可能性があります。

テトラパックは、粒子が詰まる可能性のある部分が少ない機器の設計に加えて、お客様が潜在的な問題領域を評価し、生産環境からアレルゲンを除去するためのベストプラクティスを開発するために支援できる、と Löfgren は述べています。 一般的な洗浄手順は、水を使用してシステムを洗浄した後にアルカリ性洗剤で洗浄します。 酸化剤を加えると洗浄の効果が高くなります。アレルゲンの相互汚染を防ぐために洗浄液を再利用しないことも重要です。

Löfgren は、統合された洗浄プログラムでさえも保証がないと警告しています。 彼は、「通常、アレルゲンのテストでは少量のサンプルを使用しますが、製品全部をテストしないと完全な情報は得られません。これは実際に不可能な話で、実証されたしきい値もありません。」と続けました。 「そこで必要になるのは明確なラベル付けです。」

紙容器のラベル付け

アレルゲン成分を含む、またはそのような成分が存在する施設で製造された牛乳およびその他の製品は、通常、消費者の安全規制に準拠するために、メーカーが含有物質を明記したラベルを添付する必要があります。

ただし、添付ラベルの要件は国によって異なる場合があり、注意が必要です。 グルテンを例にとると、EU では 1kg あたりの含有が 20mg 未満であれば「グルテンフリー」と表示できますが、米国では下限が決められていないため、まったく含有されていない限り「グルテンフリー」の表示はできません。

「製品のラベルが正しいことを確認するのは、常にメーカーの責任になります」と Löfgren は述べています。 「メーカーはさまざまなアプローチを選択できます。 一方では、考えられるすべてのアレルゲンがリストされている例が見られますが、他の例では、リスクを最小限に抑えて、ラベルから除外できるようにしようとしています。」

バランスを見つける

必要な装置や加工処理ソリューションの入手や、強化された洗浄やその他のベストプラクティスに関する推奨事項の提供でお客様を支援すること、そこにテトラパックの存在意義があると Löfgren は述べています。 最終的にリスクを評価するのは、お客様一人一人です。 それは、投資と食品安全の間でバランスを保つことを意味します。

「「これがあなたのやり方です」というたった 1 つの解決策はありません」と Löfgren は続けます。 「状況はそれそれで違います。 製品とブランドのリスクの許容範囲を決定するのはお客様です。」

オーツ麦飲料の紙容器

オーツ麦飲料で成功するための製造転換

液体食品のメーカーは、オーツ麦由来飲料の製造へ参入する前に、新しいラインへの転換や投資のメリットとデメリットを検討する必要があります。

食品の専門家

飲料が秘めているもの: オーツ麦飲料のエキスパート

オーツ麦由来の飲料の製品化には、食品科学者、技術者、戦略家、エンジニアなど、献身的な専門家チームが必要です。

未熟なオーツ麦の収穫

オーツ麦飲料のクイックガイド

オーツ麦のクイックガイドをダウンロードして、オーツ麦の課題を克服するための即効性のあるインサイトを入手しましょう。そして真っ先に成長をつかみ取りましょう。