植物由来の飲料の憶測を取り除くインラインのブレンド

インラインの連続ブレンドは、すでに乳製品、チーズ、飲料の生産における脂肪、タンパク質、砂糖(ブリックス)の標準化に革命を生み出しています。 これが、植物由来の飲料にさらに大きな変革をもたらすとテトラパックが考える理由です。
植物由来の材料が入った 5 つのボウルのあるテーブル

植物由来の材料は、炭水化物、脂肪、タンパク質やその他の必須成分のレベルが異なり、製品の品質に大きなばらつきが出る可能性があります。たとえば、脂肪または総固形分(TS)の含有量が変動するスラリーでは、脂肪または TS の宣言を満たすようにブレンドを適合させる必要があります。

バッチのブレンドでは、オペレーターは品質パラメーターのチェックに多くの時間を費やさなければなりません。 バッチを頻繁にサンプリングし、サンプルを品質ラボで測定する必要があります。測定値がレシピの制限内にない場合は、追加する材料の量を再計算し、次のサンプルを採取するために均質なブレンドを何度も繰り返す必要があります。 これらはすべて時間がかかり、プロセスでオペレーターのエラーが頻繁に発生することになります。 これが、バッチプロセスが従量制のインラインプロセスほど精密でなかったり(目標レベルに近いだけ)、正確でない(一致しない)ことが多い理由の 1 つです。

より高い収量、より高い品質

しかし、インラインのブレンドでは、検知と供給の制御により、レシピの品質パラメーターを満たすための自動調整が提供され、精度と正確さの両方が向上します。 自動レシピ制御により、オペレーターの決定回数が減るため、オペレーターのエラーが最小限に抑えられます。 改善されたレシピ管理は、より一貫した製品品質と大幅な節約に結びつきます。

インラインのブレンドは、プレミアム成分や扱いにくい成分の無駄を減らすのに役立ちます。 たとえば、基本原料を最初にブレンドしてから、高価な原料をメインラインに供給して計量し、品質パラメータに一致させることができます。 高精度、歩留まりの向上、およびテトラパックの保証により、同じ量の原材料からより多くの完成品を製造できます。 通常、インラインのブレンドでは歩留まりが 1% 向上します。

タンクダウンと洗浄の削減による大幅な節約

ブレンダーと UHT システムの間の微妙な調整により、起動時の無駄をなくし、プレミアム材料が完成品になるまで生産を実行できます。 他の材料はその供給タンクに戻すことができます。 混合フェーズがないことは、無駄が最小限であることです。

さらに、インラインのブレンドにより、劣化する可能性のある製品の量が最小限に抑えられます。 最終的な結果 より高い製品収量とより少ない高価な材料の無駄。

インラインのブレンドでは、1 日あたり同じ量の製品を生産するために必要なタンクが少なくて済みます。また、タンクが小さく、狭い面積に設置できるため、小さな建屋にも収容できます。 これにより、より少ない投資コストで稼働を開始できます。

「インラインのブレンドは、植物由来の飲料の生産を合理化します」と、テトラパックプロセッシングシステムズの液体食品の製品マネージャー、Helen Sellar は述べています。 「実際、私たちは、その運用効率が良いことがわかったため、インラインのブレンドソリューションの全固形分に対する性能を保証しているのです。」

水およびエネルギー消費量の削減

環境へのボーナスは、製品の無駄が少なく、エネルギー消費量や使用する洗浄剤が少ないことです。 これにより、下水システムへの負荷が減り設備と配管が最小限になり、水と洗剤の消費量が低減します。実際、リソース全体の使用量が低減します。 廃棄物の処理と再処理でさえ、より低コストになります。インラインのブレンドを使用すると、廃棄物が少なく歩留まりが高く、CIP の必要性が大幅に減少するため、持続可能性の目標に飛躍的に到達できます。
 
環境へのメリットをさらにサポートするインラインのブレンドは、微生物学的に活性なオーツ麦ベースにさらされる領域の数も減らし、洗浄を容易にします。
 
最終製品のバッチタンクは頻繁に洗浄されます。 そのため、連続生産で洗浄するタンクが少なくなり、結果、最終製品がない場合の CIP サイクル数を 50% 以上削減できるため、CIP コスト(水、化学薬品、エネルギー)が大幅に低減することがわかりました。
 
テトラパックには、多くの用途でインラインのブレンドソリューションの大規模な導入経験と、植物由来の処理における数十年の経験があり、それを発展させる最先端のテクノロジーを構築しています。 お客様は、最適化された生産プロセスの導入にあたりテトラパックの支援を信頼いただけます。

インライン – ブレンドのパラダイムシフト

飲料製造では、何十年にもわたって行われてきたように、液体材料の混合をバッチタンクで行うことができます。 これは 5,000 リットル以下の小さなバッチではまったく問題がありません。 しかし、最新のインラインのブレンドは、より大規模な連続プロセスを可能にし、はるかに効率的で一貫した生産が実現します。 

インラインまたは連続ブレンドは、いくつかの異なる液体ストリームを 1 つの大きなストリームに結合します。 これは、必要なタンクが少なく小さくて済むため、バッチのブレンドに対するパラダイムシフトであることを意味します。 自動化された機器を使用して、材料と結果としてブレンドされた製品とをより正確で効率的に測定することもできます。