熱交換器

プレート式熱交換器またはチューブ式熱交換器は、液体食品の加熱または冷却に使用されます。これは製品消費の安全性を確保するために、食品業界で使用される基本的な処理方法です。

一貫した高品質を生む熱交換器

ソース使用のミートボール、ストロベリー味のジャム、チョコレート プリン、プレーンミルクを生産するすべての場合に、加熱処理が必要となり、通常の加熱処理には熱交換器が使用されます。 どのような熱交換器をお選びになるかについては、粘度や粒子サイズなどご使用の製品特徴によります。 微粒子および高く変化しやすい粘着性などに伴って、製品がより複雑で要求が高くなると、正確な製品の流れを促進するため、より複雑な管を配置した熱交換器が必要になります。

鍵となるのは、最も効率的で信頼性の高い加熱処理を確実に実施することにより、最終的な結果として、好みの色、味、そしてテクスチャーを兼ね備えた一貫性のある高品質化を実現することができることです。

テトラパックは、あらゆる種類の製品に適合した熱交換器を提供しています。 当社製の熱交換器すべてに共通するのは、低エネルギー消費を実現したことです。

当社製の熱交換器は、世界中で27, 000台を超える納入実績があります。

熱交換器

Tetra Pak チューブ式熱交換器

Tetra Pak® チューブ式熱交換器

Tetra Pak®チューブ式熱交換器は、液体食品業界において、15年以上にわたって使用実績のあるチューブ式熱交換器です。

Tetra Pak プレート式熱交換器

Tetra Pak® プレート式熱交換器

Tetra Pak® プレート式熱交換器は、信頼性が高く、エネルギー効率が良い熱交換器のシリーズです。

Contherm

Contherm®

Contherm®(コンサーム)掻き取り式熱交換器は、高粘度食品、粘着性食品、固形食品などの加熱や冷却を衛生的に行うのに適しています。 幅広い媒体製品と動作できます。

Tetra Pak コイル状熱交換器

Tetra Pak® コイル状熱交換器

コイル状チューブ式熱交換器は、低粘度から高粘度の食品そして、スムースな食品から固形食品までの、効率的な加熱と冷却を行えるように設計されています。

食品製造をサポートいたします。 熱交換器のことなら、テトラパックにお問い合わせください。