ホエイ(乳清)のフィルトレーションソリューション

乳業界におけるメンブレンフィルトレーションのもっとも一般的な用途の 1 つは、チーズ製造業者のホエイ(乳清)の処理です。

クロスフロー ウルトラフィルトレーション(UF) は、ホエイ(乳清)を高価値のホエイタンパク濃縮物(WPC)に加工するためにもっとも一般的に使用されるフィルトレーション技術です。 このアイデアは、乳糖とミネラルをタンパク質から分離すると同時に、乳糖を透過しタンパク質を透過しないメンブレンを選択することによりタンパク質を濃縮します。 ホエイ(乳清)が濃縮されるほど、乾燥物質に対するホエイタンパク濃縮物(WPC)の割合が高くなります。 濃度によって達成可能な最高グレードの WPC(Whey Protein Concentrate:ホエイタンパク濃縮物)は約 WPC70 です。つまり 70% がタンパク質/乾燥物質であることを意味します。 より高いグレードの WPC(Whey Protein Concentrate:ホエイタンパク濃縮物)が必要な場合は、タンパク質を洗浄しさらに多くの乳糖とミネラルを除去する、ダイアフィルトレーションなどの特別な技術が必要です。

脂肪とチーズの粒子は、ホエイ(乳清)の自然な部分です。それらの存在は、達成可能な WPC(Whey Protein Concentrate:ホエイタンパク濃縮物)のグレードに制限を設定します。 純粋でほぼ無脂肪の WPC(Whey Protein Concentrate:ホエイタンパク濃縮物)を製造するには、ホエイ(乳清)をマイクロフィルトレーション(MF)で処理する必要があります。 MF の目的は、天然のタンパク質、乳糖、ミネラルを脂肪や非常に小さな粒子(チーズの粒子)から分離することです。

MF ステップにより、ホエイ(乳清)は低脂肪/高品質のホエイ分に分離され、UF で処理して高品質の WPC(Whey Protein Concentrate:ホエイタンパク濃縮物)、WPI(Whey Protein Isolate:分離ホエイタンパク質)、および脂肪分を生成できます。 脂肪分にはタンパク質も含まれています。タンパク質は、乳糖とともにホエイ(乳清)の価値を最大化するために製品として取り扱う必要があります。

水回収

ホエイ(乳清)加工処理では、94% の水分含有量が明らかに考慮すべき要素で、ほとんどすべての乳業界で水は重要で限られた資源です。 ホエイ(乳清)から水分を除去するために、逆浸透(RO)技術が広く使用されるようになりました。 除去された水は、洗浄またはその他の加工処理のステップに使用できます。 製造に使用する飲料水の必要性を減らすこととは別に、製品を別の製造サイトに輸送する場合、ホエイ(乳清)ストリームのこの大幅な体積削減により、輸送コストと環境負荷が明らかに削減されます。

ホエイパウダー