課題

国連の予測によると、世界の人口は 2050 年までに約 97 億に達します。所得水準は現在の数倍になり、食糧生産、土地、水源がさらに危機的状態になるとしています。 こうした増大した裕福な都市の人々に食糧を供給するためには、食糧生産 (バイオ燃料に使用される食糧の正味量) を 70% 増やす必要があります。
店頭の棚に並んだ紙容器

Food for Development

テトララバルの Food for Development は、世界中のお客様、政府、開発協力機関、資金提供組織、および NGO と連携して乳製品および食品バリューチェーン全体の開発を推進しています。

学校給食と栄養

テトラパックは 59 年以上にわたり、学校給食および栄養プログラムを支援しています。 2020 年には、45 か国にわたる 6,400 万人の子供たちに、学年度中に継続してテトラパックの紙容器入り牛乳またはその他の栄養価の高い飲料を供給しました。 新型コロナウィルスのパンデミックに伴う閉鎖は、学校の給食プログラムに重大な影響を及ぼし、至る所で給食業務が混乱しました。」

乳業の発展

世界の牛乳に対する需要は 10 年以内に供給量を上回ることが予想され、乳業界は非常に強いストレスに直面しています。 テトラパックは、そのデイリーハブモデルを通して、小規模な自作農家を養成しお客様が高品質の牛乳を調達できるようにすることで、持続可能なバリューチェーンの構築に貢献しています。

手頃な食品価格設定

テトラパックの DEEPER IN THE PYRAMID (所得ピラミッドの底辺、DiP) 戦略は、数百万にものぼる低所得世帯に健康的で安全な栄養価の高い製品を提供するための支援を続けています。