小規模な自営農家に着目

10 億人近い人々が、酪農場、小規模な自営農地、または家族だけで数頭の乳畜を飼育しながら生活しています。 国際農場比較ネットワーク(International Farm Comparison Network)によると、現在、世界で生産される 8 億 6700 万トンの牛乳のうち 3 億 6 千万トンが小規模な自営農家によって生産されています。 その牛乳の多くは加工されずに廃棄される場合が多く、小規模な自営農家の市場へのアクセスは制限されています。 したがって、牛乳および乳業界は、バリューチェーンのすべての人々に仕事を提供したり収入が増加する方法を指導したりすることで、UN SDG 8(働きがいも経済成長も)に貢献する大きな可能性を秘めています。

テトラパックのデイリーハブモデルは、新興経済国で収集コストを増大させることなく、現地生産された品質の高い牛乳の長期的な供給の確保を目指しています。 これは、小規模な自営農家を乳業メーカーと結び付けることで実現し、テトラパックは技術や実地による実用的知識およびトレーニングを提供します。 また SDG のターゲット 8.2 を直接支援し、技術的なアップグレードとイノベーションによって経済的生産性のレベルを高めることで、SDG 8 の進捗状況が評価されます。 このモデルはすでに世界中で、現地生産された牛乳の増産や乳製品サプライチェーンの安定性を向上させています。たとえば、バングラデシュのデイリーハブに携わる小規模な自営農家は、乳牛の牛乳生産量を 4.45 リットルから 10.8 リットル(143%)の増産に成功し、さらに月収も 100 ドルから 144 ドルへと大幅に増加しました。 ​

世界各地のストーリー

技術支援プログラムによって促進されるウガンダの乳業界の明るい進展

テトラパックとテトララバルの Food for Development は、新しく設立された Pearl Dairy Farmers Community に実践的な技術サポートを提供しています。

ウガンダ南西部の農家とテトラパックの連携の続きを読む

ウガンダのデイリーハブ、人々、子牛