テトラパック社長兼 CEO の考え

テトラパックインデックスの第 13 号へようこそ。本号では、新型コロナウィルス感染症の流行の結果、私たちがちょうど 1 年前に見ていた世界とはまったく異なってしまった世界を探ります。 パンデミックは予想もしていなかった事態であり、世界中のコミュニティに影響を与えていますが、パンデミックによって、消費者の関心とニーズの新しい展望が確立され、業界の基本原則が再定義されるとともに、新しい枠組みが形成されています。

重要な見識

消費者が望むこと

食品・飲料用容器包装に消費者が望む注目点のリストのトップは、それが食品を長く保護して廃棄物を減らし、栄養価を保つことです。

Dan Esty 氏、イェール大学 ヒルハウスの教授

イェール大学 ヒルハウスの教授、Dan Esty 氏は、 「今年のテトラパックインデックスでは、私たちが目にすることが多くなった進化する消費者と社会の懸念を、学術調査の裏付けを添えて強調しています。 世界人口が拡大するにつれ、2050 年までに必要となる食品が最大 70 % 増加することが予想され、生物多様性、気候変動、食の安全がかつてないほど差し迫っている中で、変化することが急務となっています。 未来の食品向け容器を見直すためにテトラパックが実行しているような、思い切った取り組みが今こそ必要です。」と述べています。

Dan Esty 氏、イェール大学 ヒルハウスの教授

イェール大学 ヒルハウスの教授、Dan Esty 氏は、 「今年のテトラパックインデックスでは、私たちが目にすることが多くなった進化する消費者と社会の懸念を、学術調査の裏付けを添えて強調しています。 世界人口が拡大するにつれ、2050 年までに必要となる食品が最大 70 % 増加することが予想され、生物多様性、気候変動、食の安全がかつてないほど差し迫っている中で、変化することが急務となっています。 未来の食品向け容器を見直すためにテトラパックが実行しているような、思い切った取り組みが今こそ必要です。」と述べています。

概要と結論

事実に基づいてまとめられたテトラパックインデックス 2020 の重要な 10 の要素 – ダウンロード可能なスマートフォンでも見やすい解説画像としてご覧いただけます。

ダウンロードとビデオ