新しいテクノロジーが、飲料メーカーのプラントアップグレードで節約に大きく貢献する方法

現代の飲料プラントでは、アップグレードの難しさが定説になっています。しかし、飲料加工処理の設計への新しいアプローチは、スペースを変革してメーカーにとって魅力的なチャンスを生み出します。

多くのメーカーは、飲料プラントの中心にある古いバルブブロックを変更および拡張することは技術的に困難で、場合によっては非常に高額になる可能性があることをこれまでの経験から知っています。

コーラやオレンジエードのような清涼飲料を生産するために設計されたラインでは、今日の消費者が好む新しいタイプのエネルギー飲料やスポーツドリンクを生産するための設備が整っていない場合があります。技術的に変更が可能であっても、実装するスペースが不足している場合もあります。

清涼飲料水の 3 つのボトルと紙製のストロー

コンパクトなモジュール式の生産アイランドは、飲料生産のまったく新しいアプローチを示しています。それらの柔軟性は、多くの技術的課題を解決します。また、それらの小さな設置面積や運用の多様性により、かつては乗り越えられなかったスペースの制約を克服できます。

専門家による記事では、飲料メーカーが最小限の停止と、さらに従来のアップグレードの数分の 1 のコストで、プラントの拡張に成功した 2 つの顧客事例を共有します。

これらのメーカーが、処理の課題を解決し、ダウンタイムを削減してコストを節約した方法、しかもその間ずっと消費者にわくわくする新製品を提供しながら実行した方法を、図を使用して分かりやすく説明しています。

注:ダウンロードできるアセットは英語版です。

スペシャリストの記事

登録して、専門家の記事「シロップ処理能力のアップグレードとコストを削減する方法 - 飲料プラント拡張のための新しい特効薬」をお読みください。

 

テトラパック製造システム B-EXT と清涼飲料が入った3 個のグラス
テトラパック® 製造システム B

テトラパック® 製造システム B

製品ロスを最小限に抑えながら低エネルギーと水の使用を組み合わせて、飲料やシロップを混合および調製するための完全で柔軟な独立ソリューション。

画面にテトラパック製造システム B の画像が表示されたコンピューター

問い合わせる

テトラパック® 製造システム B は、飲料の加工処理に革命を起こしました。このシステムがお客様の目標を達成するためにどのように役立つか、テトラパックにお問い合わせください。