スマートな食品生産

現代の食品生産は複雑です。 原材料の受け入れから加工処理、そして最終製品のパッケージングから配送にいたるまで、工場の各課程を細部にわたって制御する必要があります。 それでは、この複雑な工程を完全に制御し、最高のパフォーマンスを上げるにはどうすればよいでしょうか。 答えは意外と簡単です。オートメーションです。

細かく総合的に制御できることの価値

オートメション ソリューション - 機器、ライン、操業全体を制御

オートメーションにより、機器、ライン、操業全体が制御されます。 生産においては、制御が優れているほど大きな成果が得られます。 テトラパックは、40年を超える経験に裏付けされた技術と知識を活用し、食品業界とお客様のニーズに合わせてオートメーション ソリューションを調整します。 これによりプラント操業の総合的な制御が可能になり、以下のような利益を得られます。 強化され保証されたパフォーマンス、一貫性のある製品品質、妥協を許さない食品の安全性、環境への影響の低減。

Tetra Pak® PlantMaster(Tetra Pak® プラントマスター)

Tetra Pak® PlantMaster(Tetra Pak® プラントマスター)

総合的な制御で最高のパフォーマンスを発揮

今日入手可能な食品製造のオートメション・ソリューションとしては最高峰の Tetra Pak® PlantMaster(Tetra Pak® プラントマスター)は、常に変化を遂げるオープンで拡張可能なオートメション・ソリューションで、製造から最大の価値をもたらします。 Tetra Pak® PlantMaster(Tetra Pak® プラントマスター) ソリューションをカスタマイズすることで、加工処理設備、ライン全体、または食品加工および充填包装工場全体を完全に制御し、お客様のニーズに合致するように製造を最適化することができます。

Tetra Pak® PlantMaster(Tetra Pak® プラントマスター)の詳細については、こちらをご覧ください。

タブレットに表示

PLMS センター

パッケージング ラインで最高のパフォーマンスを発揮

テトラパックのパッケージング ライン監視システムであるPLMSセンターを使用すると、パッケージング ラインのパフォーマンスを完全に制御できます。 充填およびパッケージング ラインでは、最高のパフォーマンスを実現するために、シフトごとに、また年ごとに、すべてのデータを詳しく管理できなければなりません。 PLMSセンターは統合された操業データを収集して表示し、インターフェースも使いやすく作られています。

PLMSセンターの詳細については、こちらをご覧ください。

次の段階への統合

iLine™ XT

次の段階への統合

テトラパックの全工程を網羅する自動化されたライン装置の採用によって、運用コストを削減し、全体的なプラント効率を改善し、柔軟で自動化された製造を実現します。 テトラパックの iLine™ XTは加工から、倉庫での製品の保管に至るまで、プラントを1つのユニットに統合します。 ロジスティック ソリューションには、レーザー誘導式無人搬送台車(LGV)、LGVコントローラー、倉庫管理機能が組み込まれており、原材料や完成品パレットの自動移送が可能です。iLineはロボットによるパレット操作およびパレット操作ソリューションを提供します。 このソリューションには、パッケージ トレーサビリティーを可能にするソフトウェアとプリンターが含まれています。

iLine™ XTの詳細については、こちらをご覧ください。

ライン コントローラー ソリューション

ライン コントローラー ソリューション

パッケージングラインの管理と統合

テトラパックの包装ラインはライン全体の構成と生産中の制御を担い、コンベヤの速度、装置の開始、停止、先送りを管理します。 ライン コントローラーはまた、単一ラインからプラント オートメーション システムへの統合ポイントとして機能します。 これには、レシピのダウンロードや、プラントの製造実行システム(Manufacturing Execution System、MES)との生産データの交換が含まれます。

ライン コントローラーの詳細については、こちらをご覧ください。

オートメション・ソリューションのことなら、当社にお問い合わせください。