ホエーパウダー向けのプロセッシングアプリケーション

昔から、ホエーはチーズ生産の過程で出る役に立たない副産物とされてきました。今では、遠心分離、濾過、噴霧乾燥などの工業技術が発達したおかげで、純度の高いホエーパウダーを生産できるようになりました。 ホエーパウダーは効率的に大量生産できるので、食品の高度な安全性が求められる分野での使用に向いています。  このことと、ホエーの栄養価についての理解が深まったことから、ホエーは今日ではカードと同程度の価値がある材料と考えられています。

ホエータンパク濃縮物/分離

タンパク質が 0.8%、乳糖が 4.5%、ミネラルと塩分が 0.2% 含まれているホエーは、そのまま乾燥して、あるいはさらに成分別に分離して、さまざまな製品を作ることができます。 ホエータンパク濃縮物 (WPC) と分離ホエータンパク質 (WPI) は、乳児用粉ミルク、スポーツドリンク、病人や高齢者向けのタンパク質強化飲料の原料に適しています。 また、栄養価を高め、加工肉、ソーセージ、健康食品、キャンディーバーなどの食品のテクスチャーを改良するためにも、食品業界で広く使われています。

ホエータンパク濃縮物(WPC)と分離ホエータンパク質(WPI)の分別中に生成される物質も、水抜きをして直接食品に使用したり、さらに乳糖にまで精製して乳児用粉ミルク、食品、薬剤に使用したりすることができます。 最後に、塩分を除いたホエーパウダーも、乳児用粉ミルク、チョコレートその他、塩分を控えめにする必要がある食品に使用されます。

ホエーパウダーを作る

原料の牛乳から 10% の固形物質でチーズを作った後、どのようにしてホエーを抽出し、利用価値の高いホエーパウダーを作るのでしょうか。 当社は、ホエー加工の専門知識と、加工 (タンパク質の抽出、分別、蒸発と乾燥、粉体処理など) に必要な装置をお客様にご提供します。

導入のお手伝い

オランダにある当社のプロダクトディベロップメント・センターは、新規参入のお客様がレシピや加工方法を確立するお手伝いをし、既存のお客様にはホエイの品質改良についてアドバイスするための専門部署です。 当社のパイロットプラントで小型の蒸留器、乾燥機、濾過ユニットをお試しいただけますので、ご自身の工場にフルスケールの試用機を備え付ける費用と煩わしさを回避できます。 

PDC cheese and powderRead more about our Product Development Centre for cheese and powder in the Netherlands​ (pdf)