発酵濃縮乳製品のフィルトレーションソリューション

濃縮、発酵(培養)乳製品はこれまで以上に人気があり、低脂肪、高タンパク質の新製品に対する消費者の要望は急速に高まっています。 この需要の高まりにより、最終製品のタンパク質を確実に目標レベルの含有量にするためのメンブレンの技術に注目が集まっています。

有益な技術

従来、濃縮発酵乳製品は排出処理または遠心分離によって製造されてきました。 しかし、メンブレンフィルトレーションは興味深い収益性の高い代替手段を提供します。この処理にはいくつかの実証された特性があります。
ウルトラフィルトレーション(UF)メンブレンでは、タンパク質と脂肪を残しながら (またそれにより濃縮しながら)、水、溶解塩、乳糖、酸がいずれかの方向に通過するため、供給水(脱脂乳など)が 2 つの流体に分離されます。

より高い生産性

多くの場合、ギリシャ風ヨーグルト、スカイラー、ラブネ、クォークなどの製品は UF によって濃縮され、遠心分離機で処理した場合よりも製品中のホエイタンパク質レベルが高くなり、結果として生産性がより高くなります。

より滑らかなテクスチャー

UF は発酵製品内のホエイタンパク質を濃縮し、それを滑らかにして柔らかな口当たりと仕上がりのテクスチャーが均質になります。

柔軟な製造

製品固有のセパレーターとは異なり、UF プラントは、脂肪や乾燥物質の含有量に関係なく、さまざまな製品レシピに使用できるため、非常に柔軟です。 セパレーターを使用する場合、最終製品は「固定」され、新しい製品の開発には新しいセパレーターへの投資が必要になります。

ブルーベリーとボウルに入ったヨーグルト

ヨーグルトについて知っておくべきこと

ヨーグルトの古い起源、今日の消費者のトレンドを探求し、ヨーグルトの製造における経験とノウハウから学習しましょう。

ヨーグルトについて知っておくべきこと

ヨーグルトの古い起源、今日の消費者のトレンドを探求し、ヨーグルトの製造における経験とノウハウから学習しましょう。