大豆

大豆は、代用乳、伝統的な大豆飲料、ジュース、南米やスペインの大豆混合飲料、乳糖不耐症のための大豆ヨーグルトなど、多くの製品の製造に使用されています。

大豆の加工処理用途

大豆は、代用乳、伝統的な大豆飲料、ジュース、南米やスペインの大豆混合飲料、乳糖不耐症のための大豆ヨーグルトなど、多くの製品の製造に使用されています。 メーカーの最大の課題は、いかにして消費者好みの味を作り出すかということです。 世界各地で消費者の好みは異なります。アジアでも豆の香りの強い伝統的な味が好まれる地域もあれば、香りのない味を好む地域があります。西欧では豆の香りのないミルクのような柔らかな風味が好まれています。

テトラパックでは、シンガポールの製品開発センターでレシピを試作することを推奨しています。 テトラパックのエキスパートが、最適な味を作り出すために支援します。 低酸性製品の熱伝達技術に関するテトラパックのエキパートの知識が安全な最終製品を保証します。また、テトラパックの加工装置は最大の利益を生むよう設計されています。

大豆のベストプラクティスライン

テトラパックは、お客様それぞれの現在および将来の製造ニーズにマッチするのがお客様にとって最適なソリューションだと考えています。それはお客様をもっと革新的で効率的に、しかも競争力を強くするものでなければなりません。 そして、この最適なソリューションは、テトラパックの食品加工に関する幅広いノウハウと革新的な技術全体を、お客様との緊密なパートナーシップを通して適用することによって成し遂げられると確信しています。

大豆のベストプラクティスライン - 大豆抽出ライン:+

大豆のベストプラクティスライン

この抽出ラインは、未加工の豆でも皮を取り除いた豆でも、粉砕、繊維分離、酵素の不活性化を統合し、大豆風味があるものから大豆風味のないものまで、高いタンパク質量を確保し製品のフレーバーを完全に制御します。 抽出後、その素材は均質化されて食感を生み出し、安全のために熱処理されます。

大豆のベストプラクティスライン - 大豆粉末ライン+

大豆のベストプラクティスライン

このラインは、粉末大豆の風味や食感などの重要な製品特性を完璧にコントロールできます。 強力なハイシェアーミキサーにより、粉末を分散し、成分を効率的に溶解し乳化します。 熱処理は 2 種類の異なる処理方法から選択でき、最終製品の安全性を確保します。

大豆に関する詳細 テトラパックにお問い合わせください。