大豆

大豆は、代用乳、伝統的な大豆飲料、ジュース、大豆混合飲料(南米やスペイン)、乳糖不耐性の大豆ヨーグルトなど、多くの製品の製造に使われています。

大豆向けの加工用途

大豆は、代用乳、伝統的な大豆飲料、ジュース、大豆混合飲料(南米やスペイン)、乳糖不耐性の大豆ヨーグルトなど、多くの製品の製造に使用されています。 メーカーの最大の課題は、いかにして消費者の好みの味を作り出すかということです。 世界各地、消費者の好みはまったく違います。アジアのさまざまな地域では豆の香りの強い伝統的な味が好まれ、豆の香りの薄い、ミルクのような柔らかな味は、主に西欧で好まれます。

テトラパックではお客様に、シンガポールにある製品開発センターでのレシピの考案をお勧めしています。 テトラパックのエキスパートが、最適な味を作り出すお手伝いをします。 低酸性製品の熱伝達技術に関するテトラパックのエキパートの知識は、安全な最終製品の製造を保証します。また、テトラパックの加工機器は、お客様の生産量を最大限向上できるよう設計されています。

大豆のベストプラクティスライン

お客様にとって最適なソリューションとは、お客様それぞれの製造ニーズを現在と将来を見据えて支援するだけでなく、革新性、効率性、競争力をさらに強化できるソリューションでなければならないと、テトラパックは考えています。 さらに、お客様との緊密なパートナーシップを通してテトラパックの食品製造に関する豊富な知識と革新的な技術が活用できたときに、初めて最適と言えるソリューションになると確信しています。

大豆のベストプラクティスライン - 大豆抽出ライン:+

大豆のベストプラクティスライン

この抽出ラインは豆全体または皮を剥いた豆に至るまで、粉砕、繊維分離、酵素の失活を統合し、大豆風味から大豆風味のないものまで、高いタンパク質の収率と製品のフレーバーの完全な制御を保証します。 抽出後、その基本素材は均質化されて質感を生み出し、安全のために熱処理されます。

大豆のベストプラクティスライン - 大豆粉ライン+

大豆のベストプラクティスライン

このラインは、粉末の大豆の味や質感などの重要な製品特性を優れた方法でコントロールできます。 強力な高せん断ミキサーにより、粉末を分散し、成分を効率的に溶解および乳化します。 熱処理は、2 種類の異なる処理方法から選択することで最終製品の安全性を確保します。

大豆に関する詳細について テトラパックにお問い合わせください。