大豆

大豆は、代用乳、伝統的な大豆飲料、ジュース、大豆混合飲料(南米やスペイン)、乳糖不耐性の大豆ヨーグルトなど、多くの製品の製造に使われています。

大豆向けの加工アプリケーション

大豆は、代用乳、伝統的な大豆飲料、ジュース、大豆混合飲料(南米やスペイン)、乳糖不耐性の大豆ヨーグルトなど、多くの製品の製造に使われています。メーカーの最大の課題は、いかにして消費者の好みの味を作り出すかということです。世界各地、消費者の好みはまったく違います。アジアのさまざまな地域では豆の香りの強い伝統的な味が好まれ、豆の香りの薄い、ミルクのような柔らかな味は、主に西欧で好まれます。

テトラパックではお客様に、シンガポールにある製品開発センターでのレシピの考案をお勧めしています。当社のエキスパートが、最適な味を編み出すお手伝いをさせていただきます。低酸性製品の熱伝達技術に関する当社エキパートの知識は、安全な最終製品の製造を確かなものにします。また、当社の加工機器は、お客様の生産量を最大限向上できるよう設計されています。

大豆のベストプラクティスライン

私たちは、お客様にとって最適なソリューションとは、革新性、効率性、競争力の更なる向上を目的として、お客様特有の生産ニーズを現在だけでなく将来に渡っても満たせるものであると考えています。そして、この最適なソリューションは、当社の食品加工に関する幅広いノウハウおよび革新的な技術全体をお客様との緊密なパートナーシップを通して適用することによって成し遂げられると確信しています。

大豆抽出ライン+

テトラ・ベルテンソ ソイ抽出ライン

優れた調合と滅菌は、このような低酸性製品の安全性を高めます。テトラパックの抽出加工は、プロテインの産出量を最大限高めることを目的としています。これを、さまざまな滅菌処理から選択した最適な処理と組み合わせ、消費者が好む味のプロファイルを作成します。味のプロファイル(豆の香りの強弱など)は、1つのラインでも、設定によって簡単に切り替えられます。

大豆粉ライン+

テトラ・ベルテンソ大豆粉からのソイ プロセシング ライン

テトラパックのベストプラクティスラインは、生産におけるパフォーマンスを最大限引き上げることを目的としています。優れた混合、調合、滅菌は、このような低酸性製品の安全性を高めます。粉体はテトラパックの高せん断混合機で溶解され、「だま」になったり「まだら」になったりすることなく、常に安定した高品質の最終製品を一貫して製造できます。

大豆に関する詳細については、テトラパックにお問い合わせください。