粉乳

粉乳向け加工アプリケーション

酪農場は余剰の牛乳をどのように使えますか。 明白な答えは、需要が供給を超えている地域に輸出することです。 とはいえ、牛乳の輸出に関する課題には、短い品質保持期間や輸送および保管に要する高額なコストなどがあります。

より良いオプションとしては、まず粉乳にすることが挙げられます。 粉乳は、幅広い製品に加工できる柔軟性を備えた便利な形態です。 通常、粉乳は現地で還元され、現地産の牛乳が使用できない、または費用効率が悪い場合に、液状牛乳の代わりに使用されます。 液状牛乳を粉乳に変換するのは品質保持期間を延ばす優れた方法で、輸送コストを減らし、牛乳を長距離輸送するための効率的な方法でもあります。 比較的コストの低い充填包装と保管方法とを組み合わせれば、粉乳はメーカーが需要と供給のバランスを保つのに役立ちます。

エネルギー効率の優れた高度なエバポレーターと乾燥機により、テトラパックは成長する粉乳業界のお役に立てます。 当社のソリューションはスケール メリットを生かし、効率的で経済的な生産を行うために生産者の必要を満たすよう設計されています。 当社では高さ最大 20 メートルのエバポレーターを製作でき、ファンには 600 ~ 700 Kw のモーターが搭載され、乳製品の噴霧乾燥器は業界をリードしています。

しかし、テトラパックが最も際立っているのは粉体処理のノウハウです。 計算流体力学 (CFD) のテクニックを使ってシミュレーションを行ってから、工場でパイロット テストを行います。 CFD を使うと、それぞれの乳製品に最適な生産ラインを設計でき、エネルギーと他のユーティリティの消費を最小限に抑えられます。

粉乳に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。