殺菌

殺菌とは、製品を加熱処理して、病原菌を殺し、酵素の働きを抑制するプロセスのことです。 その目的は、製品を安全に消費できるようにし、製品の品質保持期間を長くすることです。

殺菌による製品の安全性と品質保持期間の向上

殺菌は、製品の安全な飲食、長い品質保持期間、腐敗の軽減を達成するために主に使用されます。 さらに、最終製品の特性を変えるために使用される場合もあります。 たとえば、ヨーグルト牛乳の殺菌は変性タンパク質を形成し、ヨーグルト培養の成長を促し、製品の粘性と安定性が共に高くなります。

膨大な数の異なるアプリケーションおよびお客様の要望に基づき、テトラパックが提供する殺菌装置の80%余りは個別のお客様の必要に応じてカスタマイズされています。

テトラパックでは、お客様の成功をサポートするために、主に2つの分野に焦点を合わせています。 食品の安全性とTCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)です。 食品の安全性 - 当社の装置は多くのユニークな機能により、製品の安全性を保証します。 たとえば、殺菌装置はセパレーターで排出する際に殺菌サイドで高い圧力を維持します。 また、「統合圧力テスト」機能では、プレート式熱交換器を分解せずに熱交換器プレートの漏洩を検出することができます。

TCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)に関しては、殺菌装置にはエネルギー消費量を80%削減する「ハイバネーション」モードがあります。 この運転モードでは、生産前に水を循環させて製品を待つ間、機能を1/3に抑え、冷却セクションを閉鎖し、均質化の圧力を無効にします。

また殺菌は、バランス タンクを下から充填し、同時に殺菌装置を充填することで(殺菌装置を充填して空にする場合)、より経済的になります。 これにより、稼働の開始時と終了時に製品ロスを半分に抑えることができます。

殺菌装置

Tetra Pak 殺菌装置ユニット BFによる、柔軟な飲料の殺菌

Tetra Pak® パスチャライザー BF

飲料の加熱処理を高効率で継続して行えるプロセシングユニットです。

Tetra Pak® 殺菌装置ユニット PFC

Tetra Pak® 殺菌装置ユニット PFC

効率的な殺菌装置ユニットによるコスト効率の高い加工食品の加熱処理。

Tetra Pak 殺菌装置ユニット BC、飲料用殺菌装置ユニット

Tetra Pak® パスチャライザー BC

衛生と安全面で妥協せず、飲料の加熱処理をスマートかつ滑らかに行うプロセシングユニットです。

Tetra Pak パスチャライザー D

Tetra Pak® パスチャライザー D

Tetra Pak® 殺菌装置ユニット D は、牛乳やチーズミルク、ヨーグルトミルク、クリーム、アイスクリームミックス、その他様々な低酸性液体乳製品向けの殺菌装置ユニット です。

食品製造をサポートいたします。 殺菌のことなら、テトラパックにお問い合わせください。