殺菌乳および ESL 牛乳向けプロセッシングアプリケーション

このセグメントの特徴は、効率よさ、安全性、そしてもちろんフレーバーです。 コストを最小限に抑えながら、食品の安全性と品質を最大限にするにはどうすればよいでしょうか。

テトラパックは、チルド乳製品処理についての豊富な専門知識でお客様をサポートします。 サプライヤーの多くが設備のみを重視しているのとは異なり、テトラパックは背景の技術の開発に力を入れています。 また、牛乳を詳細に研究し、原材料を異なる方法で熱処理および加工した場合の反応についても研究を重ねています。 世界の一流大学との学術調査を含むテトラパックの研究では、用途固有の知識を常に探求し、お客様とそれを共有しています。

テトラパックにこのアプローチがあるからこそ、市場でもっとも効率的な生産装置を開発することができ、効率性、さらには収益性を求める乳業界のニーズを満足させることができるのです。

また当然ながら、乳製品関係者が消費者の安全と法的要件を満たしながら、製品の自然な味わいと特徴を維持するプロセスの開発を支援しています。 ​

ホワイトペーパー

登録して ESL ホワイトペーパーにアクセスする

登録してホワイトペーパー: 『低酸性液体乳製品の品質保持期間を延長し付加価値を与える』をお受け取りください
牛

殺菌乳および ESL 牛乳のベストプラクティスライン

殺菌乳とクリームライン

殺菌乳とクリームライン

このラインにより牛乳とクリームのメーカーは、妥協なき食品の安全性と一貫した高い製品品質を確実に提供しながら、食品加工における優れた効率を実現して、極めて低い総所有コストを達成することができます。 毎日稼働する信頼性の高い機器をベースに、クリームの低い廃棄量や低エネルギー消費量などの重要なパラメーターに関する性能を保証します。
遠心除菌ライン

ESL ライン: 低温殺菌 + 遠心除菌

この生産ラインの低温殺菌には遠心分離機が統合され、微生物を減らすための胞子除去分離器 (一般に遠心除菌と呼ばれる) も含めることができます。 これにより、製品の品質保証期間を延長し殺菌乳のフレーバーを維持することができます。 すべての生産ラインはお客様の必要要件に応じて構築されています。
テトラ・ラクテンソ・アセプティック ESL マイクロフィルトレーションライン

ESL ライン: 低温殺菌 + マイクロフィルトレーション

この生産ラインは、低温殺菌にマイクロフィルターを統合し微生物を減らすセラミックメンブレン膜処理が使用されています。これにより品質保持期間が大幅に延長されています。 この方法で製造された製品は、消費者も高く評価しています。 多くの場合「filtered for purity (フィルター処理された純度)」と表示され、プレミアム商品と位置付けられます。
高温ライン

ESL ライン: 高加熱処理

この生産ラインの殺菌温度は、殺菌乳の生産ラインよりも高温で処理しますが、UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳の生産ラインよりも低温で処理します。 微生物(セレウス菌) の対応に特化した機能で品質保証期間が延長され、メーカーは同じ生産ラインで UHT および ESL 製品を製造することができます。