リキッドフィルドチーズ

リキッドフィルドチーズの製造では、すべての材料は均一に混合され、製品は冷却後そのまま販売できます。 熟成させる必要がないため、生産者はすぐに投資を回収することができます。

メーカーにとって大きなメリットは、リキッドフィルドチーズの製造でテトラパックのウルトラフィルトレーション技術を使用すると、従来の方法と比較し生産性が向上することです。

これはすべてのホエイタンパク質がチーズに取り込まれるため、同じ量の個体でカゼインに対するホエイタンパク質の割合が高くなります。 言い換えれば、まったく同じ量の牛乳からより多くのチーズが製造できます。

どのような仕組みでしょうか。 浸透物はチーズから取り除かれる一方で、残留物が残ります(5:1 の比率)。 これは密閉されたプロセスのため、非常に衛生的な製造方法でもあります。空気を入れることなくパッケージをシーリングして 6 か月~ 1 年といった長い消費期限を設定できます。

チーズのフィルトレーションソリューション

フェタおよび類似のチーズタイプは、ウルトラフィルトレーションを使用してミルクを完全に濃縮して製造できます。 培養液または酸、レンネット、塩、その他の添加物が残留物に追加され、適切な容器包装で直接成型できます。

リキッドフィルドチーズの装置

テトラパック イグザクトウェイトストリング チーズ用装置

テトラパック® イグザクトウェイトストリング

業界最高精度のストリングチーズ製造を提供