リキッド フィリング

リキッド フィリングは、フェタやケソ フレスコなどの地中海チーズやフレッシュ チーズを製造するために用いられる方法です。チーズは液体でパッキングされ、最終的に紙容器の中で凝固します。

リキッドフィルド チーズ

リキットフィルド チーズを作る場合、すべての材料は均一に混合され、製品は冷却後にそのまま販売が可能です。棚で熟成する必要がないため、生産者はすぐに投資を回収することができます。

メーカーにとって大きなメリットは、リキッドフィルド チーズを製造する場合に、テトラパックのウルトラフィルトレーション技術を使用すれば、従前の方法を使用するよりも高い生産性が得られることです。

それは、すべてのホエイ蛋白質がチーズに取り込まれるためで、同じ量の個体でカゼインに対するホエイ蛋白質の割合が高くなります。言い換えれば、全く同じ量の牛乳を使用しながら、より多くのチーズが製造可能であるということなのです。

どのような仕組みでしょうか。浸透物はチーズから取り除かれる一方で、残留物が残ります(5:1の比率)。非常に衛生的な生産方法でもある密閉プロセスによって、最終的には、賞味期限が半年から1年間の、密閉された紙容器の製品が出来上がります。

リキッドフィルド チーズの装置

Tetra Pak リキッドフィルド チーズ システム

Tetra Pak® リキッドフィルド チーズ システム

Tetra Pak リキッドフィルド チーズ システムは、細菌によって酸性化させたフェタ チーズの半自動生産ラインです。

テトラ・テーベル・カソフィル GDL

テトラ・テーベル・カソフィル GDL

テトラ・テーベル・カソフィル® GDLは、UFホワイト チーズ タイプの半自動生産ラインで、Glucono Delta Lactone (GDL)を使います。

リキッドフィルド チーズのことなら、テトラパックにお問い合わせください。