UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳

当社はアセプティック技術の発明者として、長年のあいだシステムを開発して、市場で最も信頼性の高いことを実証してきました。機器の設計そのものを含め、最高レベルの衛生的な設計を実現しています。

UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳向けの加工アプリケーション

UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳の広大なグローバル市場では、食品の安全性がアルファでありオメガです。工程全体を滅菌する必要があり、エラーの余地は全くありません。今日の消費者はかつてないほど安全思考であるため、自社の原材料、生産機器、生産工程が最大限の安全基準を満たしていることを確信していることが重要です。

UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳以外にも、このカテゴリーには、特定の消費者セグメント向けの調製製品、還元ミルク、低乳糖ミルク、ビタミンを追加した脱脂粉乳なども含まれます。どのカテゴリーで生産する場合でも、テトラパックではお客様をサポートするための専門知識と機器を備えています。

アセプティック技術の発明者として、当社では長年のあいだシステムを開発して、市場で最も信頼性の高いことを実証してきました。機器の設計そのものを含め、最高レベルの衛生的な設計を実現しています。当社の機器は、グローバルなサポートを提供する信頼性の高い大手サプライヤーからのみ部品を調達しています。自動洗浄システムを導入すると、手動による機器の洗浄に伴うリスクを最小限に抑えられます。

テトラパックでは、バルク製品およびプレミアム製品の両方で極めてコスト効率の高い製品ソリューションを提供しており、UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳の生産者が操業コストを抑えるのに役立ちます。また、環境法案が厳しくなるなか、コストと環境への影響の両方を低下できるのはうれしいことです。

食品加工に関する見識

乳製品の分離処理および均質化については、[食品加工に関する見識] (http://processinginsights.tetrapak.com/)をご覧ください。

UHT(Ultra High Temperature:超高温殺菌)

超高温または超加熱処理では、食品を 135°C (275°F) 以上に加熱して殺菌します

UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳のベストプラクティスライン

私たちは、お客様にとって最適なソリューションとは、革新性、効率性、競争力の更なる向上を目的として、お客様特有の生産ニーズを現在だけでなく将来に渡っても満たせるものであると考えています。また、この最適化されたソリューションは、テトラパックの膨大な知識と食料生産のための革新的な技術がお客様とテトラパックの密接なパートナーシップのなかで活かされてこそ実現するものと考えています。

Tetra Lactenso(テトラ・ラクテンソ)アセプティック間接 UHT 生産ライン+

間接 UHT 生産ライン

高い操業効率を念頭に設計されたこの生産ラインでは、耐久性と効果の高い Spiraflow チューブ式熱交換器を使用しています。最適化された加工により、洗浄から洗浄までの操業時間を延長できます (CIP (Cleaning In Place: 定置洗浄) および滅菌)。また、ミックス フェーズの短縮により、生産ラインの製品ロスも削減されます。

Tetra Lactenso(テトラ・ラクテンソ)アセプティック直接 UHT 生産ライン+

直接 UHT 生産ライン

プレミアム製品または調製製品では、この直接 UHT 生産ラインを提供しています。低温の負荷のおかげで、最終製品に「調理した」味があまりありません。

テトラ・ラクテンソ・アセプティックとワンステップ技術+

ワン ステップ技術

この専用生産ラインは常温牛乳の大容量生産向けで、効率的な生産の意味を別次元に引き上げます。乳製品の加工工程を減らして、操業コストを 30 ~ 50% 削減します。

UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳に関する詳細については、テトラパックにお問い合わせください。