さまざまな種類のチーズ

テトラパックは、繊細なカッテージチーズの製造に必要な装置を提供しています。さらに、ホワイトチーズの製造に関する最先端の技術と豊富な専門知識があります。

さまざまなな種類のチーズ向け加工アプリケーション

カッテージチーズ

カッテージチーズは、そぼろ状のクリーミーでマイルドな風味のフレッシュチーズです。 水切りをしても圧縮しないため、ホエイの一部が残り、カード(凝乳)が凝縮せずにほろほろした状態になります。 カッテージチーズはヘルシーな食品と考えられ、一般にサラダやパンのトッピングとして消費されています。

生産工程での課題は、そぼろの状態をほぼ均一な大きさに揃えることです。 カード(凝乳)は非常に壊れやすく優しく扱う必要があります。 そのため、「カット」の工程は 1 回のみで約 6 x 6 mm のさいの目に切ります。その後に約 8 時間にわたってかき混ぜてホエイを分離させ、このチーズの特徴である均一なそぼろ状にします。この状態になった粒子はしっかり凝固しているため、冷水を使用して残った乳糖や酸をすべて洗い流して取り除くことができます。

クリームや発酵クリームその他の「仕上げ材料」をそぼろ状のカードに加え、最終的な製品に仕上げます。 野菜や果物、エビ、貝類、ハチミツ、ジャム、シリアルなどを加えて別な商品として販売される場合もあります。

テトラパックは、繊細なカッテージチーズの製造に必要な装置を提供しています。 密封されたチーズバットを採用したテトラパックの装置は、 容易に環境のコントロールや生産量の向上が可能です。

ホワイトチーズ

テトラパックのホワイトチーズ (フェタタイプチーズ) 向けベストプラクティスラインは、 ウルトラフィルトレーションと成分の還元の 2 種類の技術に対応しています。

ウルトラフィルトレーションは、牛乳を連続して濃縮する方法です。 フィルターから高圧で押し出すことで、 牛乳を 5 分の 1 に濃縮します。 ウルトラフィルトレーションの主な利点は、製品の生産量が高いことです。 カゼイン、脂肪、ホエイ蛋白質はチーズに残ります。

還元は、新鮮な牛乳の代わりに粉乳を使用します。 シェアミキサーを使用して、粉乳、脂肪源、その他の成分を混合します。
混合されたチーズミルクは低温殺菌され、均質化と酸化の工程に進みます。 インラインの充填機でレンネットが添加されたホワイトチーズは、 液体の状態でパッケージに充填され、パッケージ内で凝固します。

テトラパックには、ウルトラフィルトレーションと成分の還元に関する最先端の専門知識と技術があります。 テトラパックのポートフォリオには、BAF および GDL ホワイトチーズを製造する専用ラインが含まれています。

詳細は、ホワイトチーズ向けソリューションをご覧ください。

さまざまな種類の他のチーズの詳細は、 テトラパックにお問い合わせください