原乳受け入れ

チーズ加工における原乳受け入れ

原乳受け入れ

タンク車で酪農場から運び込まれる生乳は、チーズ処理工場の入り口で重量が計られた後、品質と温度のテストが行われます。

牛乳を取り出す際に、空気分離機と荒いフィルターを通り、生乳サイロに計量されて入れられます。 ほとんどのチーズ工場では、連続した加工を行えるよう1日の生産に必要なストレージがあります。 生乳サイロにチルド ジャケットを取り付けて温度を40°Fまたは4.5°C以下に保ったり、撹拌機を取り付けて十分に混ぜ合わせたりする場合があります。

チーズの製造をサポートいたします。 原乳受け入れのことなら、テトラパックにお問い合わせください。